犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (65)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (17)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
3回目の命日
今日は雨の札幌です
6月1日 亡き黒ラブりんの3回目の命日です


DSC_3711.jpg
カートに乗って、いっぱいお散歩したね


DSC_3522.jpg
穏やかな顔で寝てる顔は、いつも癒されてたな


DSC_3482.jpg
寝たきりだって、うまうまを目の前にすると
こんなくりくりおめめになってたね。


もう3年も経つのに
まだこうして写真を紐解いてると
涙が止まらなくなります
DSC_3519.jpg

言葉が出てこないな・・・
いまも変わらず大好きだよ、りん。
いっぱいのありがとう。を・・・


スポンサーサイト
2回目のお空記念日
二年前の今日・・・
16祭1か月でお空に旅立ったりんちゃまの
今日は三回忌。
色々な想いが駆け巡ります

倫とボール

何度写真を選んでみても
もうその写真は増えることはなく
懐かしさと寂しさが襲ってきます
DSC_3381.jpg

1年8か月間の寝たきり生活
その介護は終わりの見えない
追いかけっこ・・・


試行錯誤、やっとその時の状態に
慣れ、ペースを掴んだと思っても
また直ぐに、もっと工夫をしなくてはならない
そんな行きつ戻りつの毎日

PicsArt_1344780379108.jpg


けっして楽しい事ばかりじゃない
辛くて悲しくて、切なくて
お風呂場でそっと泣いたことも数知れず

DSC_1715.jpg

そんな風にもたもた入っていると
私の姿を探して、いつもピィーピィーと啼いていた
その声がりん亡き後もいつも耳に残っていて
お風呂に入っていると
いつまでも幻聴が聞こえたものだったね

DSC_1522.jpg

ハイシニアとの暮らしは十犬十色
色々な形、環境・・・生活形態がある
一概にコレがいいなんてない
その時その時、そばにいる家族が
真摯に向き合い、してあげられる事を
実行してあげればいいと思う

DSC_1099.jpg

仔達はわかってるんだよ、
何もかも・・・
沢山の気づきと、愛をくれた仔たちへ
ありがとう。の気持ちを込めて
一日一日を大切に・・・


DSC_1128.jpg

それを教えてくれた、
我が家の自慢の
黒ラブりん・・・
いつまでも心の中に


りん、ありがとう。
DSC_1208.jpg


今日もご訪問ありがとう
お誕生日おめでとう
もう、お空の上だけど
でもね、これだけは言わせてね。
りんちゃん、お誕生日おめでとう
ここにいてくれてたら
18歳だったね。


いつもいつも
母さんの事を見守ってくれていたね
家に居ても、出掛けていても
ふっと、りんの方を見ると
その目はいつも母さんに向けられてたね。


活発で、利発でスペシャルなわんこ
だってね
人間で行ったら
とってもお勉強もできて
機転も聞いて、優しくて
でも体育も得意で…なんて
そんな感じの仔。


大好きな大好きりん。


りん、れん、るんとは
今も一緒に居る
ちゃんとここに居る
そう感じて過ごせています。



りんが最期見せてくれた生き様は
今もりる、るいと
生きる糧になってます。


だから、ありがとうの言葉でいっぱいなの。


お誕生日おめでとう
そしてありがとう。




りんとお誕生日が同じのアンジュちゃん
12歳のお誕生日おめでとう。
これからも元気で長生きしてね

お写真拝借しました。



今日もご訪問ありがとう。




お金では買えないもの
りんの一周忌に
りんを偲び、お心を寄せてくださり
心から感謝申し上げます。
お供物、ご供花
温かいコメントやメッセージ
水辺の墓地への弔辞など
本当に有り難うございました。



沢山の花に囲まれて

ばうわうさん、ありがとう。



りんは何を思ってるのか

ももmamaさん、ありがとう。

きっとニコニコ最高の笑顔

ももちぇりさん、ありがとう。


キミと見た、暑い夏の陽炎

Cちゃん、ありがとう。


キミと感じた、紅絨毯のサクサクの音色

メル&ノア母さん、ありがとう。


キミと触れた、冷たい淡雪

フィリーママさん、ありがとう。


キミと聞いた、春色の小鳥のさえずり

ねがもちゃLifeさん、ありがとう。


キミと見た、刹那な蒼月

マール母さん、ありがとう。


キミと見た、深い海

シドママさん、ありがとう。


キミに貰った、大きな愛は。
今も尚、宝箱から溢れ出す
人生の財産
お金では買えないもの



気付きをくれたキミに
心からありがとう。


りん、そろそろ帰っておいでよ。



今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


お参りきてね
水辺の墓地47丁目


フィリー姉さんとお友達
森の墓地42丁目


コメントのお返事が遅れております。
もう少しお待ちください。






りんのお空誕生日
昨年の今日
6月1日 午後5時5分
りんのお空誕生日になりました。
静かな静かな最期でした。
あれから1年
早かったなぁ、と言うのが
正直な気持ちでいます。


1997年4月7日生まれ
この写真が、我が家のカメラで撮った
初めてのりんです。

小さかったんだよ。
片手で持ち上げられたんだもの。
途轍も無くやんちゃで
兎に角活発な仔
高い所に上るのが好きで
ソファーの背もたれの上とか
今となっては懐かしい
厚みのあるテレビの上とか(笑)
そうして、そこから飛び下りる
そして脚を強打、捻挫になること
数回。
その度夜遅く救急で病院に駆込む
「はいーりんちゃん、今日はどこの足?」なんて先生のセリフも慣れたもの。

とうさんとお昼寝



ボーダーコリー並の運動をさせないと
満足できなくて、お家の中で悪さする。
充分に運動で満足してくれると
それはそれは、とても優等生。
聞き分けもよく、頭も格段に明朗
教えてない単語でも
私達夫婦の会話で習得する。


生後半年


自分達の責任で飼う、初めての犬
可愛くて、愛おしくて
ドンドン色々な事を覚えて
いい相棒になってくれた
れんが加わっても
るんがやってきても
大きな優しい気持ちで
直ぐに受け入れてくれた。


9ヶ月


真っ黒だったお顔に
白いものが少しずつ増え始め
犬の老いの早さに
こちらの心が着いていけない時もあった。


三度の癌の手術も乗り越えて
10歳を迎えた時は
本当に嬉しかったな。
ゆっくりいこうよ、りん。
そういつも呟いていた。


りん、れん6歳 るん3歳


10歳を過ぎてから
その老いは少しずつ感じられたけど
でも、その後は大病もせず
過ごしてくれた日々は
神様から贈られた、宝物の時間だったね。
心臓にお疲れが見え始めた頃
ボール遊びはもうさせない事!と
先生から言われたけど
それを知ってか知らずか
自らボールを追いかけ走る事を止めたね。
ボールが飛んでくる場所で
待機してて、れんとるんが走ってきたら
ぴょんぴょんその場で飛び跳ねて
ボール遊びの仲間に入って
楽しそうにしていた。
自衛本能か、はたまた走っちゃダメよ
と言い聞かせた言葉を理解したのか
それは分からないけど。


りんとの16年1ヶ月の日々
沢山の人々とのご縁を結んでくれて
笑顔を沢山運んでくれた。
生きることの尊さ
当たり前の毎日で過ごす事の難しさ
思い遣り、優しさ。
沢山の学びをくれた。


その恩返しが出来たのだろうか?
それは今だに分からないけど
でも、その最期の瞬間まで
傍に居られた事は
せめてもの恩返しだったのかもしれない。


りん、アナタが居なくなってから
抱き上げる力も使わなくなり
母さんの腕の筋肉は落ちちゃったよ
ダメだね、いずれやってくる
りるやるいの介護の為にも
また鍛えなくちゃね。


りんが教えてくれた事が
これからもきっと息づいていく
その度アナタを思い出して
過ごしていくよ。
永遠に心に宿り
この体に染み付いた感覚
姿亡き後も…ずっと、ずっと一緒。


りんを目指し
追い付け追い越せで頑張ってる
シニアの仔達
見守ってあげてね。


ありがとう、りん。
悔し涙じゃなく
今日は優しい涙が溢れるよ。

2013年6月1日没
この写真が、我が家のカメラで撮った
最後のりんです。
もう、写真は増えないんだよね。



今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラ ドールへ
にほ んブログ村




お参りきてね
水辺の墓地47丁目


フィリー姉さんとお友達
森の墓地42丁目



前記事のコメントのお返事が遅れております。
もう少しお待ちください。





Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。