FC2ブログ
犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!
2019年3月22日 AM5:15
天寿を全ういたしました
享年14歳と8日でした

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
6歳になり、すっかり落ち着きましたが
食いしん坊は天下一品

等々1頭になってしまった5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (168)
チョコラブ るんの事 (127)
イエローラブ りるの事 (187)
りんとりるの事 (16)
犬ごはん (82)
老犬介護のあれこれ (82)
お友達の事 (77)
黒ラブ りんの事 (144)
日常 (331)
つぶやき (181)
イエローラブ れんの事 (93)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (42)
イエローラブ るいの事 (163)
りるとるいの事 (70)
通院記録 (31)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (7)
ドックラン&カフェの事 (8)
盲導犬候補生ワサビの事 (4)
るいとワサビ (3)
予防ケア (19)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

就寝ベッド
寒い!寒すぎる💦
本当に今年は気温が低すぎる🤣
寒いですからね
体を温かくしないと
体調不良の元になるから
めっちゃクチャ重ね着ですよ
重ね着してるとさぁ
歳のせいですね、体が疲れる💦
夜パジャマに着替えると
体が軽くてホッとする


おもちゃで遊ばれるアタシ


るいは今年9歳になるのに
いつも外では裸族(笑)
りるが同じ歳の頃は
重ね着させて
大事!大事!だったのに(笑)



るいの扱い雑だわぁ~(笑)




今はね、夜寝る時
私は、シングルベッドに寝ていて
るいはソファーベッドを広げて
セミダブルに寝てるの
るいがセミダブルよ(笑)
何様?


でも高さもあるし
ポン!とジャンプして乗らなくちゃならなくて
そろそろ、そんな事も止めさせたいので
高さの低いローベッドを探してるの
シングルより小さいベッド
キッズ用とか、大型犬用とか
中々好みのが見つからなくてね💦



そしたら、こんなのをお友達が見つけてくれたわ


可愛くない?
マットもあるらしくてね
長さが120センチと140と160
140くらいがゆとりあるかしら~
いいな!いいな!と思って見てるんだけど

3万弱もするのよ!
高っ!
あっ、ちなみに、夜寝る時だから
犬用のありきたりなベッドはだめよ。
お布団って感じじゃないとね


なにかいいベッドお使いのかたいらっしゃるぅ?
やっぱり
DIYしなくちゃだめかしら?

🤗


ご訪問ありがとうございました

にほんブログ村
スポンサーサイト



家族性疾患
ラブラドールの家族性疾患(遺伝的疾患)で
皆さんよくご存知なのが
股関節形成不全ですよね
わが家の先代犬「れん」も
ご多分に漏れず、股関節形成不全でした



体重管理・食べ物・運動量
運動の質・生活環境が
悪化させない為のキーポイントでした。


若犬の時は、よく泳がせました
筋肉をつけて、股関節をカバーする
とても大切な事でした。
亡くなる前の日まで
自分の足で歩けていた事
今となって思い出せば
本当に立派だった。


さて、その股関節形成不全と相まって
ラブラドールに多い家族性疾患は
前十字靭帯断裂


※前十字靱帯とは、膝関節を構成する靭帯の一つで、
大腿骨と脛骨をつないでいます。


外傷に伴う、前十字靭帯断裂は
急性断裂といい、運動やフリスビーなどで
誘発される事ですが
しかし、そのような起因する形での
前十字靭帯断裂の確率は低いとの事




多くは慢性断裂だそうです
加齢・遺伝的・免疫学的要因
アメリカのミネソタ大学の獣医学部の研究によると
1歳前に避妊や去勢を行った場合
好発する場合が大きい…との結果も出ているようです。


大型犬の1歳前の避妊や去勢は
正しく学び、経験をしてきた獣医師ならば
1歳過ぎてからの手術をすすめるはずです。


わが家のホームドクターも
大型犬の1歳前の避妊や去勢は推奨していません。





しかし、なんだよね
遺伝性疾患なんてさ
劣悪な繁殖屋の乱繁殖で
そんな遺伝子もって産まれて来るコが
多いのかね💦
あと小型犬に今多いのが
ポメラニアンやチワワ、トイ種(トイプードルとかプードル系)に膝骸骨脱臼、通称パテラ
が多いのも、遺伝性疾患💦が殆どだよね



で、この膝骸骨脱臼が要因で
変形性膝関節症や前十字靭帯断裂をも
誘発させてしまう場合も非常に多いとか
日常の生活環境・習慣も
とても重要になって来ますよね。


ビョンピョン飛び跳ねさせたり
縦抱きしたり
高いところに飛び乗ったり
飛び降りたり
平気でさせてる飼い主さん多いけど
本当にやめさせてあげて~
って思う。


兎にも角にも
本当に犬達も色々な問題抱えてるコ
多いよねぇ~
あーるいたんは
1歳前に避妊させられてるんかな?
パピーウォーカーやっとらんから
わからないけど
そうだとしたら
ほんと!気をつけなくちゃだわ。


🤗



今日もご訪問ありがとうございました


にほんブログ村
老いてく犬達へ
よく、私はブログにも
るいも8歳になったから…とか
もうシニアの仲間入りだから…とか
書いておりますが…
ぶっちゃけ(笑)普段は
まっーたくシニア扱いなどしておりません


ボール投げながら
「走れ~」と雄叫びを上げてます(笑)


シニア犬と暮す心得(当社比w)

※もう歳だから…とか、シニアだから
仕方がない…と言ったり、諦めたりしない。

※必要以上に年寄り扱いしない

※過保護にならない

※自分で出来る事は、時間がかかっても
させる。

※沢山話しかけ、会話をする

※楽しみである、食べると言う事を
充実させてあげる。

※何かしら役割をもたせる

※楽しいワクワクとした時間を作る


※沢山歩けなくても、外の空気を感じて
匂い、音、物からの刺激を与えてあげる


※体温調節がうまくできなくなるので
寒い、暑いの対応を早めにしてあげる


※出来なくなった事を嘆かず
まだこんな事も、出来るんだね!と
エールを送る。


※個体差はあれど、カレラ、カノジョらにも
プライドがあります。
プライドを潰すような言葉や行動は慎む。



ワタシにもプライドはあったですぅ


そして
なにより、スキンシップを沢山してあげてください
体の運動機能と
心のバランスが取れなくなってきます
飼い主さんに、さほど執着がなかったコでも
飼い主さんを頼り、飼い主さんに
執着するような場面も沢山出てきます。
若い頃以上に
沢山々触ってあげてください。
ギュと抱きしめてあげてください。
それだけで、心が落ち着くのです。


シニア犬たちが
温かい愛に包まれ
穏やかで、優しい時間が流れる事
心から願っています。





🤗


今日もご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村
久々のカート
きたーきたわ
こんな天気予報図が💦



昼間も5℃とかって💦
寒いけど…
まつ、真冬に比べたら
暖かい(笑)
何事もポジティブにね🥰




昨日はね、
ハイシニアのワンちゃんが遊びにきてくれて
まっ、若いコと多頭なので
若いコは元気いっぱいランラン♫
風が少し冷たかったので
我が家の歴代のコが使ってきた
カートで風よけに使ってもらいました。


でもそのコもね
少し休んだくらいで
もう出るわぁ~ピーピー(笑)と
意思表示したので
ママさんがカートから出したので



るいたんも休んでいいよ
って言ったら
すんなり乗るわね(笑)


他のわんちゃんが乗ってると
じーっと見つつも
「これ!りるちゃんのよね
うちのだよね」みたいな
顔するのが可笑しかった


りんの時から使ってるカート

よーくこれに乗って
お散歩行ったなぁ


りるはね、余り使う事なかったけど
後ろ足がおぼついて来たとき
ちょっと遠くまでお散歩行くときは
カート持参でいったなぁ~
疲れたら自ら乗るのでね(笑)





思い出がいっぱい
お友達ワン達とも
梅林公園の梅を散策に出かけたなぁ


カートの後ろから顔出して
ご満悦(笑)
すれ違う人にお愛想いっぱい
可愛い♥なんて言われたもんにゃ



降ります、降りますカートから


あーめんこい!
あーシニアってなんでこんなに
めんこいんだ!!


人間のシニアは可愛くないのに(爆)



顔怖いわ(笑)


るいもね、このカートに乗って
ノンビリとお散歩するほど
ハイシニアになって
優しい~時間を過ごして欲しいな。


🤗



今日もご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村
温活
昨日は定例のびわの葉温灸日
一緒に続けてくれている
当店の会員わんちゃん達も
頑張って温活してくれています。


お腹かけてもらったり


背中かけてもらったり


私が付いていなくても
ちゃんと温灸の先生とマンツーマンで(笑)
温灸受けられるのが
楽ちん
慣れたもんですよ、ほんと!


この煙の出ない温灸器で
かけてもらうと、なおさら効果もアップする気がする
なにせ、煙なしが1番ですね。


この温灸器での温灸はここ数年
以前は、先代のりん、れん、るんの時から
棒灸を使って、せっせと
毎夜、温灸したもんです
煙モクモクでしたけどね(笑)


あった、あった、懐かしい写真が


でもねぇ~先代のコたちは
シニアになってから
あくせく温灸してたんだけどね
もっと早くから定期的にやってあげたかった
1番最初に亡くしたイエローのれんには
私はなんにも無知で
なんにも家でのケアに最善をつくしてあげられなかった


そんな思いもあるし
りるの事もあるし
だから、若いから必要ないとか
まだ元気だから必要ないとかでなく
東洋医学的には
お薬と違って、副作用や害のあるものは
殆ど考えられず
いやむしろやっておいた方が
いいにきまってる!なんて思う。



だから、るいはね
1歳半の時から、棒灸を始めています。
こうした積み重ねが
きっとハイシニアになった時に
活きて、るいのパワーになってくれると
そう信じてやまないのです



温灸終わっても動かず(笑)
気持ちよすぎ~って感じのるいなのでした


🤗


今日もご訪問ありがとうございます
にほんブログ村

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

お買い物

お薦め

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法