犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (78)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (43)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (69)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (150)
つぶやき (112)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (25)
りるとるいの事 (50)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (7)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

陰部を舐める
ちょっと!
凄いタイトルで始まっておりますが(笑)
なんか変な検索で引っかかりそう(爆)


りるさんなんですけどね
月曜の夕方17時くらいから
執拗に陰部を舐めだしてね
ハッ!Σ(´□`;)と思い出したかのように
バタンと座り込んで陰部を舐めるんですよ。
えぇーなに?どうした?と
横にならせて何かデキモノが出来てないか?
赤くなってはおるまいか?と
観察するも、外見は異常なし

元気もあるし、テンションも高いし
食欲は勿論あるし。


で、その後19時の排泄時に
PHをはかってみた


常備しております、ちょくちょくこれで
チェックしております(笑)

PH7 うぅーん
驚く程のものでもなく
頻尿でもなく、血尿も出てないし

夜はぐっすり、いびきかいて寝てました(笑)


それで次の日の朝
またPHを計る6.2
ふーん╭(๑¯ํ^¯ํ๑)╮
これといってなにも悪くないよね。


でもまだ陰部を舐める行動は
少なくなったけど無くならない。
病院が開院する少し前に再び採尿して
尿だけ病院に届けて
かあさんは仕事へ


仕事から帰宅して
夕方の受診が始まる頃
病院へ



尿検査の結果はなにも悪い所は見当たらず
先生にも外見をみて頂き
膣内が見える範囲でも見ていただいたけど
気になるようなデキモノもなく
赤くただれてるわけでもなく
軽い膣炎でしょうかねとの事。


それで、膣洗浄をして頂き
帰宅しました。
一週間ほど、膣洗浄は続けたほうがいいとの事で
かあさん、今日から頑張ってるわん!(笑)

イソジンを10倍に薄めたものを
シリンジで膣内に注入よ~


ご自分で出来そうになければ
通って頂いたら、病院で洗浄しますよ
と言っていただいたけど
基本自分でなんでもやってあげたいタイプなので(笑)
爪切り、耳掃除、肛門腺絞りも
全て自分でやります。
肛門腺しぼりは、チェックもかねて
たまに病院でやって頂いてますけどね。



先生の膣洗浄のデモンストレーション(笑)をニコニコみてた
あたしって、変な飼い主だろうな(笑)



病院付添いのるい
お利口さんにしてますよ
いい横顔だ!(笑)




りるはね、親バカだけど
結構お利口さん
そして、なによりも
自分の体に不都合がおきて
病院に行って先生にみてもらうと
楽になるって事を学習してるんだと思う。


だから、昨日病院で洗浄してもらったように
イソジン10倍に薄めたものと
シリンジを持って
「りる、キレイキレイしよね」と言ったら
すんなりかあさんにお尻を向けた(笑)
そして洗浄中も微動だにせず
終わるまでじっとしててくれた。



アタシお利口さんなのよ。


御褒美にメロンあげたよ(笑)



病院に行くほどのものでも無かったのだろうけど
いつも思うんだ
お三方のこと思い出すんだ
どんな小さな、どんな些細な変化や
いつも違う行動でも
それは実はその奥には
怖い病気の初期症状かもしれない
病気の前触れなサインかもしれないって。


だから私は不審におもったら
どんな時も病院にいきます(笑)
でも、そんな小さな変化でも
今の先生は真摯に向き合って
私と同じように、怖い病気のサインかもしれないと
向き合ってくれます。
CTを撮るとか、造影剤を入れて検査するとか
そんな説明もちゃんとしてくれます。


でも今回は
時間が経つにつれて
陰部を舐める行動が減ったのと
尿検査に異常がなかったので
洗浄だけにとどまりました
お陰様で、本日水曜日には
まだ1度も陰部を舐めてはおりません。



相変わらず、大袈裟感満載の
かあさんですが
でも、もの言えぬ仔たちの
小さなサインを見逃したくないのです。
れんやるんが癌に侵された時
思い起こせば、その病気の発覚までの
数ヶ月前にさかのぼって
記憶を辿れば
沢山の小さなサインがありました
思い出すだけで胸が苦しくなり
それを見逃した自分に腹が立ちます。


同じことは絶対に繰り返したくない
そう思う毎日なのです。



今日もご訪問ありがとう

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

お買い物

お薦め

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法