FC2ブログ
犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!
2019年3月22日 AM5:15
天寿を全ういたしました
享年14歳と8日でした

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
6歳になり、すっかり落ち着きましたが
食いしん坊は天下一品

等々1頭になってしまった5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (167)
チョコラブ るんの事 (124)
イエローラブ りるの事 (173)
りんとりるの事 (16)
犬ごはん (62)
老犬介護のあれこれ (48)
お友達の事 (75)
黒ラブ りんの事 (144)
日常 (258)
つぶやき (146)
イエローラブ れんの事 (92)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (36)
イエローラブ るいの事 (87)
りるとるいの事 (68)
通院記録 (23)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (7)
ドックラン&カフェの事 (3)
盲導犬候補生ワサビの事 (2)
るいとワサビ (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

重責痙攣
昨夜の23時ころ、ヨタヨタと部屋を歩いて
自らベッドに戻る途中
また痙攣発作
時間は10秒程だったけど、今までにないほど
大きな発作でした。
その後のあと発作も延々と1時間
パンティングが異常に激しく、苦しく喘ぎ声
それはもう、覚悟を決めるほどのさまでした…


疲れ果て、うつらうつらと眠り夜があける…
朝6時半におきて、お外で排泄
それからまたいつもの様に歩いては食べ
歩いては食べ…で3分の2完食
その後も歩いたり、少し疲れてふせしたり
ご機嫌で歩いていたのに
昼前に歩いてる最中にまた痙攣発作
これもまた激しく苦しいものでした。
時間にしては5秒ほどですが
その後の後発作が酷くて
病院に駆け込む


注射を打ってもらい、興奮をさまして少し眠くなるように…と。
帰宅してから、少し覚醒してしまい
ベッドの上からヒンヒンないて文句をいう…
歩きたかったらしくてね、その後介護ベストで介助しながら、部屋を1往復したら
満足したのか眠りについています。
今もまだ寝ています。
寝ているすきに、覚書のブログ更新です。



もはや、抗てんかん薬に頼るしかほかなく
ただ、これが今の重篤な痙攣に効いてくれかはわからない…
今度大きな発作がきたら、もしかしたらそのまま逝ってしまうかもしれない…
という可能性も大きいと言う事…
そして抗てんかん薬で、もうりるは歩かなくなる可能性もあるし、ご飯も食べないかもしれない


先代の仔の時からお世話になってる先生
私のこともよく知ってくれている
暗黙の中に、お互い「安楽死」という
最期の看取りも頭をよぎる
痙攣で苦しんで逝く可能性が大きくなってきたなら
それもまた考えて見なければならないかもしれない
勿論、痙攣がこのまま薬が効いてくれれば
なんの問題もない、ただりるが食欲が戻らないので
ある意味これも、りる自身が老い支度を始めたのかもしれない…
何時間歩き回ろうが、何日も寝なくたって
そんなことぐらいはなんぼでも付き合う!
でも、あの痙攣発作が郡発痙攣になってしまった今
最悪のシナリオかもしれないが
楽にしてあげるのも又飼い主の役目でもあるようなきがしています。

「安楽死」これは飼い主にとっては
大きなテーマ、賛否両論
できれば絶対回避したい


兎に角、薬が効きますように…と
願うばかりの母なのでした。


🤗
今日もご訪問ありがとう
関連記事
スポンサーサイト




にほんブログ村
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/03/09(土) 22:10:00 | | [ 編集]
あまね
安楽死が苦しくない、というのは誤解です。
結局は窒息死です。
ですから苦しみは同じ。
犬が「もう死にたい」などと思うはずはありません。
犬に自死の概念などありません。
どうか安楽死など選択せず、ありのままで。
薬に頼るのは良いことと思います。
死までの苦しみを和らげるのが最善の選択と思います。
2019/03/10(日) 11:48:57 | URL | [ 編集]
鍵コメaさんへ
いつもありがとうございます。
りるは本当に頑張ってくれています。
幸い薬が効いてくれ、小さな痙攣はありますが
ゆっくり寝てくれています。
ただ、もう殆ど昏睡状態ですが
それでも、苦しくなく過ごせてるので
これでいいんだ…と言い聞かせております。
いつも温かく見守って下さり、感謝です。
りるが決めたお別れの日まで、寄り添って行こうと思っています。
2019/03/10(日) 11:59:36 | URL | [ 編集]
あまねさんへ
貴重なご意見ありがとうございます。
幸い薬が効いてくれて、眠り続けております。
もう覚悟の時と思っています。
苦しみがなく過ごせていられるなら
このままりるが決めたお別れの日まで
添い遂げるのが本望です。
ただ最悪痙攣で何時間も苦しみながら逝くのであれば、安楽死も…と私は視野にいれておりますが
今のところそれは限りなく少ないです。
このまま静かに…と望んでおります。
コメントありがとうございます。
2019/03/10(日) 12:03:45 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

お買い物

お薦め

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法