犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (65)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (17)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

お乳のしこり
すっかり寒くて、冬に逆戻りの日々です。

お彼岸ですので
お参りに行ってきました。


ここは室内墓所ですので
こうして、まだ雪深い北の地でも
お墓参りが出来るのです。


さてさて…
我が家の元気ハイパーるんさん
昨年の4月8日に良性では有りましたが
乳腺腫の手術をしています。




その乳腺腫が、またまた沸々と現れているのが発覚
これまた、切除しなければ
良性が否かは分からないとの事


他の体の部分に出来たしこりって
先日の検査のように
針生検である程度、
的確に良性か悪性の判断はつくらしいのですが
院長先生いわく、乳腺腫は針生検では
確実な診断は得られないので
手術で切除して、それを病理検査に回すのが
一番の正確な判断が出来るとのこと…
針生検ではそんなに
曖昧なのだろうか?



待ちくたびれて退屈るんさん…


うぅ~ん…手術してやっと一年経つか経たないか
前回は全てのしこりが良性
でも今回も良性とは限らない
しこりはまだ凄く小さくて
米粒にも満たない程




なかなか呼ばれないわ~


院長先生と相談して
もう少し様子見ましょうと言う事になり
要観察となったるんさんです。


はぁ~るんさんあと1ヶ月後には
12歳…又体にメスを入れなくちゃならないのかなぁ~
可哀想だなぁ~
しかもまた、帰る!って
術後も病院で大騒ぎするだろうし


如何なものかと
判断に悩む母なのでした。


あっ、るんさんは至って元気です


今日も広場で、激走している
るんさんなのでした。



今日もご訪問ありがとう

ポチッと応援よろしくね♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

Android携帯からの投稿
関連記事
スポンサーサイト
Laugh
切除して病理に出せば正確な診断結果が
分かり安心できるのでしょうけど
あまりメスは入れたくない気持ち
すっごく分かります・・・

しかもるんちゃんは病院に居られない
ようですね(T_T)

ホント判断に悩みますね

このまま切除なしで経過観察のみで
過ぎてくれることを祈っています。
2012/03/20(火) 19:25:39 | URL | [ 編集]
フィリーママ
るんちゃん、心配ですね
ママと離れたくない派なんですね
フィリーばぁさんも同じです、手術よりそっちの方が
心配なくらいです

このまま大きくならずに止まってくれたらいいですね
お大事に・・・
2012/03/20(火) 19:32:36 | URL | [ 編集]
ubujun
るんちゃん、心配ですね…。
やっぱりいくらピチピチでも(笑)、連続の手術は、
この年齢になると、避けたいですもんね。

しかし、取ってみなきゃ断言できない
というのは、うちもよく言われますが、
分かるんですけど、やっぱりちょっと心配ですよね。
うちは、ウブより純があっちこちにポコポコできてきていて、
一つは脂肪腫だと思うんだけど、
筋肉にがしっと付いてるタイプの腫瘍があって、
こっちは要観察になってます。

るんちゃん、大きくならなければいいですね。

2012/03/20(火) 20:36:20 | URL | [ 編集]
kita
るんさん心配ですね

やはりメスを入れるのは嫌ですよね
このまま大きくならず、経過観察で過ぎて
くれたら良いですね

あとになって気がついたのですが…
住んでいるエリアが一緒だったんですね(^^)
もしかしたら、どこかで会えるかもしれない・・・
なんて考えると嬉しいです
また遊びに来ます

るんさん、経過観察のみで過ぎてくれる事を
祈っています
2012/03/20(火) 20:37:45 | URL | [ 編集]
yura
本当にそうなんです(泣)
メス入れたくないですよ~
しかも…私と離れると大変な事になっちゃって…
これも、私の育て方が甘すぎた要因です…

余り急にしこりが大きくなるような物は
怪しいらしいので
経過観察しながら、判断したいと思ってます。

いつもコメント本当にありがとう~(^^)/

2012/03/21(水) 08:51:31 | URL | [ 編集]
yura
そうなんです…
術後の様子が心配で…
いつも手元に置いて、あまあまで育てたつけが
これです…母反省の日々です。
とりあえずは様子みて、余り急激にしこりが大きくなるなら、速攻手術する予定です。
ご心配本当にありがとう御座います。
2012/03/21(水) 08:56:56 | URL | [ 編集]
yura
いつもありがとう~

そそっ、ウブちゃんもピチピチですが
我が家のるんもね(*´∀`)
でもやっぱり昨年手術した後からは
体力が落ちました、長い時間走り回れなくなりましたから
歳というより、やはり手術の要因が大きいかなと…

りんもあちこち脂肪腫あります
良性みたいで、所謂年寄りイボみたいな感じかな?
純くんもあるんですね
良性のものである事を祈るばかりです…
お互い要観察で過ごせる日々が続く事
願っていきましょうね。
いつもコメントありがとう御座います。
2012/03/21(水) 09:04:30 | URL | [ 編集]
yura
ありがとう御座います
もう、るんも12歳になるものですから
出来ればメスはもう入れたくないのが本音なんです。
しこりが急激大きくなるようなら
悪性度が高いとの事ですので
要観察しなが、急激に大きくなってきたら
有無をいわさず手術のつもりでいます。

あっ…そそっ
同じ市内ですよ(笑)
私の理解が間違ってなければ
我が家の寝たきり、りんさんは
そちらの近くにある、ラブラドール犬舎から
やってきたのです。
お会いできる事があれば嬉しいですね。
でも、こうして、同じ地域にラブを飼って
生活してらっしゃる方がいらっしゃり
それをブログを通して、垣間見る事が出来
自分自身の励みにもなります。
これからも宜しくお願いします。
コメントありがとう御座います。
2012/03/21(水) 09:12:15 | URL | [ 編集]
うぉーむはぁと
わかりますラブも同じ年だからいくら元気でも年齢考えたら躊躇しちゃいますよね

的確な診断は切除して病理に出すしかないけど良性なら避けたいですよね
痛い思いや精神的不安はさけてあげたいから
何ともないように祈っています
まだまだ一緒にシニアライフを満喫しましょうね
2012/03/21(水) 10:42:05 | URL | [ 編集]
ももちぇり
るんちゃん心配ですね・・・
るんちゃんの腫瘍、このままずっと大きくならず、良性のままだよって太鼓判押されたら安心できるのにですね。

ただ、るんちゃんのこれからの犬生を考えれば、
危険な芽を摘むのは今しかない、とも思います。
腫瘍もまだ小さく、あの元気さで体力もある。
体にメスを入れるのは本当に、胸が苦しくなるほどですが、まだまだ長く元気で健康に過ごせるなら・・・・あぁ、yuraさん、ほんとに悩みますね・・・

1人病院に置いて帰る時も、つらいですよね、すごくよくわかります。
べべは過去に2度、脂肪腫でオペしました。
神経質なので、あの食いしん坊が入院中は食事を一切受け付けなくなりました(汗)
今は皮膚にできる大小の腫瘍、次々できてます。
大きいもので直径1センチはありますが、それが破裂して汁と血糊で毛が固まって、毎日拭き拭きです。
レーザーで取るなら全身麻酔、凍結では痛みを伴うらしく、15歳にはもう無理だと判断しました。
この腫瘍が悪性に変わらないよう祈るばかりです。

老犬になればなるほど、できることも限られてきますから、悩みは大きくなりますね。
るんちゃんの腫瘍、大きくならず、現状維持で過ごせるよう祈ってます。
2012/03/21(水) 11:57:03 | URL | [ 編集]
べるーくまま
こんにちは。

るんちゃん心配ですね。
うちもルークに脾臓に影が見つかった時は参りました。
1年以内に2度も全身麻酔手術という事もあり…
(1度目は胃捻転です)
でも目で見て経過観察できない箇所で、
しかも悪性腫瘍のできやすい臓器だったので即断しましたが…

体にメスを入れるのも辛いし、
入院で手放すのも同じくらい辛いんですよね…
どうか るんちゃんは経過観察で済みますように。
良性で今まで通りに過ごせるよう祈ってます。
2012/03/21(水) 15:12:13 | URL | [ 編集]
yura
あら~お忙しい中コメントありがとう

そうなんですよね~
出来れば手術は避けたい所なんですけど…
様子みて、あまり大きくなってくるようなら
怪しいので、手術しなくては…と思っています。
病院はどうも、極度のストレスになるのでね。

気をつけて観察していきたいと思ってます。
シニアライフは人も犬も、楽しく笑顔でいたいですね。
コメントありがとう御座います
2012/03/21(水) 15:21:57 | URL | [ 編集]
yura
いつもコメントありがとう
同じ年代のラブ飼いの方が、こうして見ていただいて、コメントして頂ける事
本当に心強いです。ありがとう

そうなんですよね
手術するなら、なるべく早めの方が
体力的にもいいんだとは、私も思うんです。
りんは最後の癌を7歳の時乳癌手術をうけて
そのあと11歳でまた乳首にしこりが出来たのですが
手術はもう三度もしてるので止めました。
今もそのしこりは大きさも小豆大のままありますが、しこりが出来てから、早四年…
こうして生きているのだから、良性のものなんですよね。
そんな前例もあるもので、るんもこのまま
手術しなくても大丈夫なしこりなんじゃないかな?なんて淡い期待をもってしまいます。
兎に角、大きさを日々チェックして
あまり成長が早ければ、やはり悪性度が高いらしいので
手術に踏み切ろうと思ってます。
1、2ヶ月様子みていくつもりです。
ベベちゃんも、手術頑張ったんだね
本当に病院には入院する事が苦手なるんで…
これも私のしつけが甘かった証拠です(泣)
りんもたくさん脂肪腫もってますよ~
お陰様で、潰れたりとかはなくて
温存してる状態です。
ご心配頂いてありがとう御座います。
2012/03/21(水) 15:35:31 | URL | [ 編集]
yura
脾臓や内臓は、やはり早期に手術しとくにぎりますよね
経過観察できる場所ではないですから…
ルークちゃんも、頑張ったんですね
ママさんもお辛かった事でしょう…

少しの間、念入りに大きさチェックしていきます。
でも…少しでも大きくなってくるようなら
手術に踏切りたいとは思ってます。
手術するなら、少しでも早いほうが、体力的に
安心ですのでね。
手術後がまた不安ですが(泣)
帰るコールが鳴り止まないんですよ~

シニア犬は色々支障も出てきますからね
あちこち要観察で、気をつけてやらなければ…
と改めて思った出来事でした。

できれば、このままで過ごせれば
一番いいのですが…
ご心配頂いて本当にありがとう御座います。
2012/03/21(水) 15:46:52 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法