犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (17)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

祈る事しか出来なくて…
今日もいい天気で
暑かったわ…
でもお友達地方は雨で大変な被害もでてて…
大丈夫かな?

最近、夜は直ぐネムネムになっちゃう母
歳かしらね~


ここね、かぁさんの部屋
ベッドに上がってもオーケーなのよ…

よなよなお友達のブログを徘徊したり
調べものしたり
そんな事してるんだけどね
見なきゃいいのに…
悲しくなるし、自分ではどうにもできないくせに
いつも見てしまう、動物管理センターのホームページ


のびのび~

数日前ね、13歳のイエローラブちゃんが
飼育放棄で、譲渡犬になってたの(泣)
とても可愛い仔でね
そのお写真見てたら、涙が出てきちゃって…


13年も共に暮らして
なぜ飼育放棄で管理センターに持ち込むの?
どうして?何故?そんな事出来るの?


私には分からない…
もしどうにもならない理由があると
百歩譲っても
もっと、違う方法が有るんじゃないの?


本当に悔しい…
何も出来ない自分にも腹が立つけど
こんな人間がいる事が


このご時世、安泰で何不自由なく生活出来るなんて
そんな保障はどこにも、誰にもない
生活が一変して、困窮するかもしれない。
でも、もしそんな風になったら
色々な手を尽くしてでも
最善の方法を見つけようと
努力するべきだよね…



動物管理センターに持ち込む事が
この人にとっては最善だったのかな?
そんな浅はかな奴…
ろくな人生送れないよ!
自分がやった行いは
必ずや自分に返ってくるんだよ。


首の保冷剤きもちいいよ♪

どうか、あのラブちゃんに
幸せの赤い糸が
誰かと繋がってますように…
祈る事しか出来なくて
ごめんね。


今日もご訪問ありがとう

ポチッと応援励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


Android携帯からの投稿
関連記事
スポンサーサイト
のわmom
私も、長崎ライフオブアニマルさんのブログを見ています。
盲導犬のアトム君事件がきっかけでした。
ライフさんも多頭飼育崩壊の改善や、持ち込み犬の保護活動をされています。
このブログがきっかけで、将来はそんな仔達と暮らす事を考える様になりました。

ノワとまともに暮らした事もない私なので今すぐには何にも出来ないのですが、
この世界の全ての仔が幸せになれるといいなぁって思うのです。
でも、その前にそんな無責任な事は許されない世界にならなければいけないですね!
2012/07/03(火) 23:20:23 | URL | [ 編集]
ももmama
本当に、どうして悲しい子達はいなくならない
のかしら。
私、近所の子供に怖い事を聞いてしまって
また、ブログに書こうと思っているのですが・・・

他の方のブログにも、病気のシニアワンコ
の里親募集の事が書かれていまして、とても
辛かったです。
病気やシニアになって、動けなる事は
人間だって、同じなのにどうしてワンコ
やニャンコの大切な命は簡単に放棄
できるのか不思議で仕方ありません。
私も祈る事しか無力な人間なので
偉そうには言えませんが、大切な命を
預かる責任は分っているつもりです。
大切な命を放棄される人に
どうか、目の前のその子を苦しませないで
あげて下さいとお願いしたいです。
一番、信じている人から見捨てられるのは
人間だって、ワンコだって辛いんですから。
どんな気持ちでそんな事をするのでしょうか。
2012/07/03(火) 23:44:49 | URL | [ 編集]
りゅー
悲しすぎますね。
我が家の仔ラブも(二頭の黒、イエローラブを亡くして)去年保護犬を迎え一年になりますが、時々里親募集のHP上で沢山の放棄されたワンコ達を見る度に同じ悲しさに涙しては、見なきゃいいのにと思いながらも あの仔まだ居るかなと、見てしまいます。
酷い飼い主には、それなりの天罰が下されるべきですね。

2012/07/04(水) 06:12:16 | URL | [ 編集]
ももちぇり
こんにちは。

大きな犬を飼えばそれだけ、経済的負担も
老後の面倒も、とても大変になる。
容易に想像のつくことなのに、最後がこういう
結果とは・・・
そのワンコはそんなクソみたいな飼い主でも
最後まで信じて待っている、例え誰かが
引き取ろうとしても、きっとその目はクソ飼い主を
探すのでしょう。
そういうこともわかった上でのセンター送り込みなら、
立ち直れないほどの罰を与えてやりたい。

こういうことが無くならないのはなぜかなと
色々考えてみたのですが、
やはり子供のころからの、いのちというものについての教育なのかな・・・

罰があたることを恐れないのも同じで、
誰も見ていなくても、その行いについて
誰も何も言わなくても、悪い行いは必ず自分に
返ってくるよと教わった子供時代。
かたちのないもの、見えないものを畏れる心を
子供のうちに植え付けることって、とても大切だと私は思います。

祈ることしかできないのは私も一緒、
多くの方も一緒だと思います。
こういうワンコがゴマンといる現在の日本。
金儲けだけが目的で命を売買する日本の
ペット市場を根底から見直す必要が
あるのではないでしょうか。。。
2012/07/04(水) 16:09:26 | URL | [ 編集]
yura
本当に仰る通りですよね
こんな事自体が、許されるべきではないんです
命の尊さを分からない人間が多すぎますね。

私もいま居る仔達を見送ったら
何か少しでもお役に立てる事ができたらな・・・
なんて漠然とですが考えてます。

いつもコメントありがとう御座います
2012/07/04(水) 19:46:12 | URL | [ 編集]
yura
そうなんですよね
どうして傍にいて上げられないのか・・・
たとえどんな飼い主でも
わんにとっては大好きで
一番信頼しているのに・・・
そんな仔を見捨てるなんて、信じられませんね
どうやったら、この悲しい思いをする仔を
無くす事が出きるんだろう
もっと仕組みを変えていかなければ
ならないのでしょうね
自分も何も出来ないのが、もどかしい限りです。

子供達の話、是非聞かせてくださいね
いつもコメントありがとう御座います。
2012/07/04(水) 19:50:42 | URL | [ 編集]
yura
そうですか
保護犬を迎えられたのですね
そんな方が居て下さって、本当に
ありがたい事と思っています。
でも、次から次と
見捨てられたわん達が居る現実
本当に居た溜まれなくなります。
天罰が下るに決まってます、本当に悔しい

コメントありがとう御座います
2012/07/04(水) 19:54:07 | URL | [ 編集]
yura
まったく同感です。
命の尊さすら、分からない大人が多すぎます
ペットの売り方にも問題ありです
日本ぐらいでしょ?ペットショップに犬猫を鎮座させて
売っているのは・・・
大体動物愛護法なんてありますけどね
最終的にそれらを決める上の人達の中に
ペット業界に関わっている人間が
沢山居るんですから
利権ばかりで、本当に動物達の事なんか
考えてない輩の集まりです・・・
あぁ~もう腐りきってますな・・日本は(泣)

いつもコメントありがとうございます。
2012/07/04(水) 20:01:36 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法