犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (18)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

容態急変
雨続きの札幌です


まず、前記事のコメントのお返事もせぬまま
このエントリーをする事を
深くお詫び申しあげます。
ごめんなさい


昨日夕方まで
いつもと変わらぬるんでした。
朝ご飯もモリモリ食べ
昼間はカッパを着て、軽くお散歩
お昼にもおやつを食べてお昼寝


しかし、夕方になっても寝てばかり
夕飯前の排泄をようやく済ませ
又眠りにつきました
夕飯の支度をしていても、起きる気配はなく
熱を測ると39.5度・・・


その後、夜になると、自力で起き上がることも儘ならず
介助をしながら排泄
寝ていても寝返りもし辛そうな夜を過ごしました
毎日体温・心拍数・呼吸数をメモしていますが
昨夜も心拍・呼吸には変わりなく、発熱のみでした


朝の体温は40度
朝一で病院に電話
直ぐに病院へ・・・




10/18に最後大学病院に行ってから
エコーもレントゲンも検査はしていませんでした
抗がん剤をやめてから、余り頻繁に結果を見るのが怖かった
先生とお話しして、特に状態が悪くなければ
1カ月に1回くらいの検査にする事をお願いしていたからです
しかし今日はレントゲン・エコーにて
転移の有無を確認していただきました。


残念な事は
左後足ももの原発病巣が、もしかしたら
骨まで入り込んでる可能性が出てきた事
当初から腹部のリンパ節に転移していたリンパの腫れが
前回よりほぼ倍に大きくなってきていること
これによっての発熱・食欲低下くわえて腹部の痛みが出てきたようです。


そして、まだ幸いな事は
肺などの内臓には転移は見られなかったこと
これにより、あくまで推測ですが
転移性の弱いものではないか・・・と云う事でした
今ある、太ももの原発巣と腹部リンパでとどまってくれる
可能性があると云う事
そう思うと、まだるんは頑張れるんじゃないか・・・って


先生より選択肢を提案いただき
まず基本は高濃度ビタミンC点滴は変わりなく
そして、るんのリンパ節の腫れを沈めてやらなければならない
それには、やっぱり・・・正直悔しいけれど
抗がん剤に頼るほかないのだろう。


今日はお薬を頂き、注射(消炎・鎮痛)をしていただき
帰宅しました。
幸い、帰宅してから排泄・排便
ミルク水を自力でチャプチャプのみ
チーズを一個・玄米パンを一個たいらげました
今は寝ています。
状態が良くなれば、火曜日に抗がん剤を点滴投与します


少し元気になってきたのよ。


苦い思い出のドキソルビシン
苦渋の選択です。
しかし、肺に転移していないと分かった今
抗がん剤をスポット的に考えて
上手く使用しながら、高濃度ビタミンC点滴で
その癌の進行を抑制していければ・・・
るんはこの数ヶ月のように、
過ごしていける時間がもてるかもしれない
そんな希望を抱くのです。


ね~るん・・・
お腹痛いの辛いよね
もう少し、かあさんの考えに付き合ってね
るんが痛くないように
るんが少しでも、今までのように過ごせるように
先生も考えてくれてるから
一緒に頑張ろう・・・



まだ希望は捨ててません、
往生際が悪いかもしれません。
これが飼い主のエゴと言われようとも
前向きに治療にあたって下さってる
先生のお力を頂戴しながら
るんはまだ頑張れる、そう信じています。


暫く、コメント欄閉じさせて頂きます。
いつも応援ありがとうございます。


今日もご訪問ありがとう

ポチッと応援励みになります♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法