犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (18)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

里親の覚悟
今日も風が冷たくて
肌寒い1日、時折小雨模様。


仕事をパッパッと片付けて
一目散に我が家へ帰る
りるがお出迎え
りんはうつらうつらとしながらも
母の姿を確認してくれる。


でへへぇー♪


夕方、小雨降る中
家の前でりるを排泄させていたら
そこにホワイトシェパードを連れた
女性と小学生くらいの息子さんが
歩いてこられましてね。
我が家がお三方のりん、れん、るん
の時から
お見かけしてました、との事。
りるの事を聞かれまして
事の経緯を立ち話。


かぁさん話しが長いのよ…

りるに良かったね~って
いっぱい撫でて下さってね。
そしてホワイトシェパードくんは
まだ8ヶ月で元気真っ盛り
でも、この仔を迎える前に
保護犬を迎えようかと散々迷っていたとの事。
保護犬と暮らす方々3名ほどに
色々お話しを聞いたらしいのです。
でも、そのどの方も
結局保護犬を引き取ったけれど
病気持ちで、医療費も凄くかかって
大変だったから、保護犬はやめた方がいいよ…と言われたとの事



今日も元気だ!ご飯がうまい!


病気持ちだったら、どこまでしてあげられるだろう
それだけの覚悟をして引き取れるだろうか?と
ご家族で散々悩まれたようです。
そんな最中に、人づてで
ホワイトシェパードくんに巡り会い
家族として迎えられたようです。



あらっ!やだ!また父さんのベッドで寝てるし(笑)


このご家族を、まぁ!なんて冷たい!
なんて卑下する気持ちは毛頭御座いません。
それだけ、命の大切さ
命を預かる責任を重んじてるからこその
ご判断だったのだと思います。


そんな経緯があるから尚更
りるの事を喜んで下さって
そんな保護犬を迎えた母に
尊敬します、その行動力に…と
言って下さいました。


有り難いお言葉でしたけどね
そんなたいそうなもんじゃないですよ。
それよりもね
保護犬は確かに、病気が発覚、もしくは
持病を持ち合わせている確率も高いのかもしれない
一緒にいられる時間も短いのかもしれない
でもね
生まれたばかりのパピーだって
持病を持って生まれてるのかもしれない
遺伝子レベルでいつか、病気が発覚するのかもしれない
だから、命はみな同じ!平等!


命を迎える基本は同じ
保護犬だからとか…そんな風に
思わないであげて欲しい。
病気を恐れるなら
保護犬だって、パピーだって
同じなんじゃないかな?って
そう思わずには居られない。


皆、どの仔も
この世に生を受けた限り
幸せになる権利があるのだから。


ペットショップに行く前に
ちょっとだけでも、保健所情報や
里親サイトを覗いて欲しいと思う
今日この頃なのです。


今日もご訪問ありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブ ログ村


Android携帯からの投稿
関連記事
スポンサーサイト
ルータンルージュ
かなり、日にちが経ちましたが、
ママさん、お誕生日おめでとうございます。
そうそう、何もない、いつもの毎日が大切ですよね。

保護犬・・・その仔が赤い糸を手繰り寄せたんだと思います。
里親・・・その仔に導かれたと思うんです。
そうなる運命みたいなものを感じるんじゃないかな。
ルイーズがそうでしたから・・・。

どこで生まれて、どんな生活をしていたのか
まったくわからないけど、今が大切なんですよね。
㋸パパも幸せをわけてもらってる感じです。(^.^)

りるちゃんも、いっぱい愛されてるから
幸せいっぱい、笑顔いっぱい。(^_^)
2013/04/26(金) 22:11:11 | URL | [ 編集]
tammy
とても良いお話でした。

ホワイトシェパードの飼い主さんも、悩まれたのですね。

どの命もみんな平等に同じです。
どこから迎え入れた子であろうと、
家族になった以上は最後まで一緒にいて欲しいと思います。

そして早くに虹の橋へ行かなければならなかった子達の分まで、幸せになってもらいたいですね。


2013/04/26(金) 22:21:45 | URL | [ 編集]
maomama
前に黒ラブを引き取り暮らしているとメールをした者です。
るんさんが虹の橋を渡ったのですね・・・残念です。
ちょうどその頃うちの黒ラブが肥満細胞腫とわかりyuraさんのブログを拝見していなかったので随分後で知りました。
うちの仔も先日虹の橋を渡り今は淋しくつらい日を送っています。
私は今まで3匹の老犬を引き取りましたが、年という事もありますがやはり重い病気で、うちに来て1年と数か月でお別れしています。
お金をかけて治療するのは大変な事です。
保険もきかないし治療費は高いし無理な方もたくさんいると思います。
でも最後まで傍にいてあげる事はできます。
苦しくてもつらくても飼い主が傍にいるだけで安心なんだと思うんです。
それなのに病気で心細い犬や猫を保健所に連れて行ける人はどう考えても理解できません!
今日、北見保健所に捨てられたゴールデンを引き取った方と電話でお話をしましたが、骨肉腫で歩行不能だそうです。
その方は、「お金はあまりかけられませんが、この仔は私を必要としていると思うし、私に与えられた使命のような気がします。」とおっしゃっていました。
すごい人ですよね!
yuraさんもラブちゃんを引き取られたのですね。
とても笑顔の素敵なりるちゃんはきっとyura
さんを必要としていたのでしょう。
りるちゃんは幸せをつかんだのですね。
私も落ち着いたら又私を必要としている老犬を引き取ろうと思っています。   
2013/04/27(土) 00:21:47 | URL | [ 編集]
yura
たいした嬉しくない歳ですが(笑)
お祝いコメントありがとうございます。

そうですよねー
やはりこれも縁なんですよね
偶然のような必然が重なり
共に赤い糸を手繰り寄せてね。
ルイーズちゃんも、本当にいつも可愛らしくて
微笑ましく拝見しています。
幸せで、笑顔いっぱい、そんな私達も
幸せをもらっていますものね。

温かいコメントありがとうございます
2013/04/28(日) 00:00:00 | URL | [ 編集]
yura
本当ですよね
最期まで、飼い主は家族として迎え入れたからには
そばに居てあげて欲しいです。
それが出来なきゃ、最初から飼わなければいいのに
といつも鼻息荒くしてしまいます。

里親を探しているわんちゃんやねこちゃんが
皆しあわせになってくれること
祈るばかりです。

いつもコメントありがとうございます
2013/04/28(日) 00:02:54 | URL | [ 編集]
yura
そうでしたか…
なんとも病魔にその大切な命を奪われること
本当に辛くて苦しいですね。
ご冥福をお祈り致します。

北見の歩行困難なゴールデンちゃんの事知っていました
Facebookで、しっぽの会さんのニュースフィードでの
呼びかけに、微力ながら記事をシェアさせてもらいました
その数時間後、引き取り手が数人名乗り出て下さってる、という
記事を見て、安堵しました。
そのかたとお話しされたんですね。
志の高い、そして魂レベルの高い、素晴らしい方ですね。
本当に感謝と尊敬の念です。
骨肉腫との事、今までの飼い主、
よくも捨てられたもんですね。
憤りを感じます。そんな人間には
絶対我が身にふりかかってきますよ。
病気は辛くて悲しくて、でも
お金をかけて治療をするだけが最善ではありません
その最期の時まで、共に暮らした家族である飼い主に
抱きしめて、手を握ってもらうだけで充分なはずです。

ご縁が有りましたら、また赤い糸をたぐり寄せてあげてくださいね。
我が家のりるも、毎日にこにこ
こちらが沢山の幸せ貰っています。

お気持ちもまだ落ち着かないでしょうに
こうしてコメント頂いて
本当にありがとうございます
2013/04/28(日) 00:15:47 | URL | [ 編集]
doro母
保護犬サイト、joviのシニア期から、サイトを幾つもPCのお気に入りに入れて、見てたのよ。
災害犬のサイトもいち早くお気に入りに、入れて・・・。
でも、doroは、ブリーダーさんから連れて来ちゃった。

小さな頃から、病院通い。小さな時にストラバイト出ちゃったし、アトピーも疑われ、腸内環境も整わずゲリピー続き、陥没膣だったから、膣形成までして、まぁ免疫力の無い子・・・。2歳過ぎた頃には、きっと体も整うでしょうと言う先生の言葉を信じ・・・。
やっと2歳。うん、この頃、病院通いが少なくなった♪
と・・・、ブリーダーさんが悪いわけでは無い、単に生まれ持った体質。
もしかしたら、捨てられちゃうかもねって、娘がポツンと言った。
悪魔だったし、病弱。こんな子がもしも、ラブ飼い初めてで、小さなお子さんのいる普通のお家に引き取られていたら、複雑・・・。
私達は大人だから、色んな事を我慢すれば良い。
小さな子抱えてたら、そうもいかない事も、マレに有るよね。
(現にそう言う現実の子十何匹も見てる)上手く、次の飼い主さん探してる人、多いけれど。

ちなみに、我が家のご近所さんは、保護犬、保健所譲渡犬を飼っている方が多いですが、みんな元気です。
普通に犬生をまっとうしてる子ばかりです。

命は、みんな同じ。
ショップに犬おかないでくれたら、不幸な子も、少なくなるのに・・・。
あと、イイカゲンな家飼いの人の繁殖も・・・。

愛護・保護団体がなくなる、素敵な世の中になる事を望んでいる私です。

2013/04/28(日) 07:26:13 | URL | [ 編集]
yura
全くの同感です。ショップに鎮座させて
ペットの販売はやめて欲しいこのペット販売で
利益を取りたいなら
ブリーダーさんと契約して、ペットを迎えたい家族と
相談、カウンセリングして、その家庭に会った仔を
迎え入れる手はずを整えて販売しても
利益もとれるし、不幸な仔が増えないのではないかと思う。
doroちゃんのようにブリーダーさんから直接迎え入れるもよしだと
私は思います~
現にりんはブリーダーさんからでした、doroちゃんと同じ
そして小さい頃から病弱、悪魔、ともすれば
ブリーダーさんに返えされるような仔だったとおもいます
りんの同胞も一匹、実際にブリーダーさんに返されてましたもの。

自分の家庭にあった犬種ってものを
初めて犬を迎える方々に教えてあげるのも
ペット業界の役目なのではないかな?と思うんですけどね。
本当に憤りを感じるペット事情ですね。

いつもコメント本当にありがとうございます
doroちゃん、これからはドンドン健康に元気になれますよ
だってdoro母さん家の仔だものね(笑)
2013/04/28(日) 11:00:36 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法