犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (65)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (17)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
1年8ヶ月見続けた景色
お日様が出たり隠れたりの
蒸し暑い1日でした。

なかなかまだ
踏ん切りつかない部分も持ちながら
りんの四十九日も過ぎ
部屋もそのまま。
相変わらず、りんが居た場所の横に
布団をひいて寝ている私。


重い腰をあげ
部屋のわん達のお布団を
洗い、ソファーも移動させたり
カバーを全部はぐって洗い
片付けをしました。



はぁー疲れた!と
ゴロンと横になった場所は
いつもりんが寝ていた場所
左手をみると

窓に青々とした桜の木がみえる。


右手をみると

いつも私達が座り、食事をしたり
新聞を読んだり、お喋りしたり
寛いでいるダイニングテーブルが見える。


目に入る景色
なんだか急に涙が溢れる
りんは、この景色を
1年8ヶ月見続けてきたんだな。
どんな思いでいたのだろう
何を考えていたのだろう。
つまらなかっただろうな。
動けなくて切なかっただろうな。


この16年が走馬灯の様に蘇る。
けして順風満帆ではなかった日々
夫の会社の倒産、リストラ、失業。
私の入院、手術。
義母の急死。家族の精神疾患の発病。
母もダブルワークで働かざるを得なくなり
長い時間のお留守番も虐げてきた。


生活が落ち着くまでに
何年も何年もかかった。
あぁーやっと、母さんもダブルワークしなくても
もう大丈夫、やっとお三方との時間が
ゆっくりとれる
ゆっくり世話してあげられる
そう思い、気付いた時には
お三方はすっかりシニア
お散歩の歩調がゆっくり
たまにつまずき、転ぶ事も。


ごめんね
そんな気持ちでいっぱいだった。


老いてく姿に涙したけど
でも、お三方と一緒の時間
沢山とれる事ができて
嬉しかった。
幸せだった。
有り難い思いでいっぱいだった。
精一杯尽くそう
過ぎた時間は巻き戻せない
この仔達の残された時間
自分の全ての時間を費やしても
そばに居ようと思った。
自己満足だったのだろうけど。


りんとれんとるんの居ない
この空間。
母さんにはまだまだ慣れなくて
たまにしんどくなる。
もう泣かないって決めたのに
ごめんね、りん。
ごめんね、れん。
ごめんね、るん。
やっぱり母さん寂しいよ。


今日もご訪問ありがとう
に ほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
わんわんママ
泣いてしまいました。 りんちゃん毎日毎日何を考え何を思っていたのですかね・・ご飯なにかな?おかーさん今日は早いかな?とか考えていたのですかね?
三人でお留守番している時も何お話して、不安な時は三人で体寄せ合っていたのですかね?おかーさんの気持ち分かります。
私もフルタイムで働いており何してるかな?(まあほとんど寝てるみたいですけど)退屈だろーな とか色々考える時があります特に切ないのは陽の入りが早くなる秋口、仕事から帰り電気をつけると眩しい!!と目を細める時・・10年一緒に居ますが・・慣れませんね~ぎゅーとしてしまいます。
この子たちは人間の1年を7倍で駆け抜けると聞いた事があります。私達は自分の意思で冷たい飲み物を飲んだりテレビを見たり色々出来ますが、この子は出来ません。ごめんなさい支離滅裂ですが・・ゆらさんの気持ちが痛いほどわかります。
2013/07/31(水) 21:30:46 | URL | [ 編集]
ももmama
ゆらさん、泣いてしまいましたよ・・・(涙)
我が家も、お留守番ばかりの毎日。
ももやにゃっちゃんは、こんな我が家で
幸せなのかしらと、思う日々です。
シニアになってきましたしね。
これからのことも考えて、
迷うことが多いです・・・。

ゆらさん。
りんちゃんって、つまらなかったのでしょうか?
つまらなかったらね、きっとあんなに頑張っては
くれなかったと思いますよ。
お父さんやお母さんが、すぐ近くにいてくれる幸せを
感じていてくれたからこその1年8か月だったのでは
ないでしょうか。
お母さんの愛情の賜。
りんちゃんは本当に素晴らしい子です。
りんちゃんはね、ももの希望の星☆
今もこれからも、ずっと変わりません。
2013/08/01(木) 00:40:58 | URL | [ 編集]
海パパ
すみません。ゆらさん。
涙が出そうです。
りんちゃん、れんちゃん、るんちゃん。
絶対に幸せだったと思うよ。
そしてりるちゃんもね。
これからはりるちゃんと一緒に楽しい幸せな生活を送ってくださいね。
2013/08/01(木) 07:27:28 | URL | [ 編集]
蘭ママ
我が家、今まさにその状態です・・・ウルウル
たとえ寝たきりになっても
私の、蘭への愛情は何ら変わらないのに
果たして蘭はどう思っているのか・・・
いつも同じ場所で、いつも同じ相手に
いつも同じお世話しかしてもらえない。
そんな、いつもの生活の中で
幸せだと感じてくれているだろうか・・・
何だか今日は、すごく考えさせられるブログです。
でも、これだけは言える。
りんちゃまは絶対幸せだったと。
だから。
蘭もきっと幸せだよねー
って、、、考えさせられると言っておきながら
もうすでに、、、考えてませんでした。。。ブブブ
りるちゃん、ごはん食べてるかい?
たーんと食べて、暑さを乗り切ってね♪
2013/08/01(木) 11:32:16 | URL | [ 編集]
ぶるまま
今年に入ってからですがブログ拝見しておりました、ぶるままです。

赤ちゃんはこの世に生を受ける時、自分の人生の課題とか使命とかを決めて生まれてくるってある本で読みました。

私は犬もそうじゃないかって思うんです。

お三方もゆらさん家族との生活を楽しんで、最後まで頑張って、たくさんたくさん思い出を残してくれて虹の橋を渡ったのだと思います。

きっと、大満足な犬生でしたよ!

いっぱい泣いて、お三方の想い出をりるちゃんにも教えてあげてほしいです。

りるちゃんもゆらさんに巡り合うために生まれてきて、今やっと会えて、うれしくて仕方ないんじゃないでしょうか?

きっとりるちゃんなら受け止めてくれる気がします。

2013/08/01(木) 14:13:47 | URL | [ 編集]
ゆら
わんわんママさんへ
ママさんのお気持ちも充分伝わってきました。
そうそう、陽の入りが早くなると
真っ暗な部屋で過ごして居るんですよね
そんな時、切なくなりました。
健気な姿にウルウルしていました。
りんは今頃、思いっきり走り回ってくれてるでしょう
1年8ヶ月分を取り戻すような勢いで(笑)
温かいコメントありがとうございます
2013/08/01(木) 18:19:22 | URL | [ 編集]
ゆら
ももmamaさんへ
りんやれんが12歳になった頃
ようやく落ち着きましてね、お仕事には
出ていましたけど、短時間でしたので
そんな意味では、晩年共に過ごす時間を
作れて、それだけは良かったと思っています。
忙しい時は、同じように思いました、
家の仔でごめんね。なんてね
でも飼い主一番!の仔達それでも一緒にいるのが幸せなんですよ。
ももちゃんはまだまだ元気!
おかしゃんお仕事頑張ってって思ってくれてるよ。

りんは、そうですね、お友達も言ってくれました
りんちゃん、居心地いいんだよねーきっと。
ってね、私はお世話出来て、りんがいつも横に寝てくれていて
濃密で幸せな時間だったんですけどね(笑)
りんは幸せだったかな。そうだといいな(^_-)
いつもコメントありがとうございます
2013/08/01(木) 18:27:07 | URL | [ 編集]
ゆら
海パパさんへ
いつも暖かく見守って頂いて
本当にありがとうございます。
皆、幸せって思ってくれてるといいな。
母は幸せいっぱいでした。
コメントいつもありがとうございます
2013/08/01(木) 18:28:38 | URL | [ 編集]
ゆら
蘭ママさんへ
おぉーーー蘭ちゃんだって
幸せに決まってるじゃありませんか(^_-)
そうか、りんも幸せだったか…(笑)
そう思っておきます(笑)
いや、本当に変わらぬ景色を眺めて
過ごしてる我が仔。
正に蘭ちゃんはその胸中。
でも、ポジティブにね、考えれば
幸せよね、大好きなおうちで
一緒に過ごせる事、ウマウマ食べさせてくれ事
共に過ごせる時間こそが幸せですよね。
蘭ちゃん~うまうまたんと食べてね(^_-)
コメントいつもありがとうございます
2013/08/01(木) 18:34:33 | URL | [ 編集]
ゆら
ぶるままさんへ
わーコメント恐縮ですーありがとうございます
私もブログ拝見させて貰っております。
バッチフラワーの事など、とても勉強になり
有り難く思っています。
私も以前、障害児をお持ちのお母さんに
聞いたことがあります。
親が選ばれし我が子より…って
わんもそうでしょうかね、でも私もそんな風に思います。
沢山の愛をくれた仔達、感謝です。
りるとも、いい関係を築いていけるといいなって
思っています。
温かいコメントありがとうございます
2013/08/01(木) 18:41:30 | URL | [ 編集]
ケンシロウファミリー
こんにちは、我が子を亡くしてこのくらいの時期から寂しくなってきますね。

1年8ヶ月・・・お疲れ様でした、りんちゃんもそうですがもちろんご家族様も。

でもワンコ達はその場から動けなくても、耳が聞こえなくなっても、そしてたとえ目が見えなくなっても人間のように悲観しないと言われています。

それは何故?・・・自分が守れる相手が居てそして自分を愛する人がいてくれるだけで他は何も望んでないと聞いたことがあります。

1年8ヶ月、りんちゃんはゆっくり年を過ごせたのでしょうから本当に幸せだったと感じます。介護も大変だったと思いますがそれさえもさせてくれなかった何人かの我が子の事を思い出すとママさんが羨ましいですよ。


そんなご家族様の横に今はりるちゃんが側にいてくれてます、これからもゆっくりラブヒストリーを綴っていって欲しいと思います。

りるちゃん、病気にならないようにね!
2013/08/02(金) 18:34:26 | URL | [ 編集]
ゆら
ケンシロウファミリーさんへ
いつも温かいコメントありがとうございます。
そうなんですよね
この仔達は、愛する者のそばにいる
それだけで嬉しく、幸せなんですよね
そうは思いつつも、まだまだ鬱々と
思ってしまうじぶんがいます。
介護の時間は、りんからの贈り物の時間だったのだと
思います、本当に親孝行でした。
りるとの時間も大切にと思っています。
いつもコメントありがとうございます
2013/08/02(金) 20:31:11 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。