犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (73)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (43)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (69)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (138)
つぶやき (112)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (23)
りるとるいの事 (46)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (7)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

犬の幸せ
今日も湿度の高い朝
それでも北の大地は気温もそこそこ
40℃なんて地方の皆様
どうか体調崩されませんように。


りん、れん、るんの事を思う度
シニアの仔や、病気を抱えている仔が
どうか少しでも穏やかに…
と願わずにはいられない。


こうしてブログを書いているおかげで
沢山の方々とご縁が繋がり
情報交換もさせて頂いたり
個人的にメッセージを頂き
激励の言葉を頂いた。
りんの介護の時、はたまたれんやるんの
闘病時には、励みになり力を随分頂いた。
感謝の気持ちでいっぱいになった。


その一方で
るんの治療でのアプローチの仕方や
りんに対する介護について
叱責にもとれるようなメッセージも
個人的に頂いた事もあった。
それは我が家を思っての叱咤激励
そのメッセージを頂戴する時間も
書いて下さる方の貴重な時間。
有り難いと思いつつも
沸々と虚しさが込み上げる。


10人居れば10人の考え
100人居れば100人の考え
私がお三方にしてきた事は
100%正しいものではない
しかし100%間違ってるとも思っていない。


介護の仕方、看取りの方法も
千差万別
その仔を思い、その仔の為にと
飼い主が考え、してあげる事が
その仔の為、その仔が望んでる事ではないかと思う。


高齢だから、病気だからと
保健所に持ち込む輩が後を絶たない
命有るもの、いつか肉体は果てる
病気になって厄介、治療は出来ない
そう飼い主が思うなら
治療はしなければいい
ただ痛みがあるなら、それくらいの事は
薬で取り除いてあげて欲しい。
犬は痛みに強い、犬が違和感を感じる痛みは
私達人間ならば途轍もない痛みであろう。
厄介と思うなら
自ら、飼い主の元で安楽死で逝かせてあげればいい。


真摯に我が仔の病気と向き合ってる飼い主さんだって
苦渋の決断で安楽死を選ばなければならない時がある
それだって、その仔の事を思ってならば
それは正しい判断ではないかと思う
現に我が家はるんの病気が発覚したあと
夫と話し合い
脚の痛みが薬ではどうにもならない程に
なったときは、
辛くとも安楽死の選択肢も頭に入れておこうと決めていた、
覚悟しての闘病生活であった。


犬の幸せって何だろう…
やっぱりそれがどんな飼い主でも
最期の時まで、そばに居てあげること
願わくば、命の灯火が消えるその瞬間に
体を撫でて「ありがとう」と言ってあげること
それこそが犬の幸せ飼い主の幸せ
なのではないかな…
そんな風に思う。


フィリーちゃん
りんとれんと同じ1997年生まれ。
若い頃、随分と我が家のれんに似ていて
いつも「あぁ~れんが居てくれたら
こんな可愛いお婆ちゃんになってただろうな…」
そんな思いで、愛おしく拝見していた。
今、ご家族の元で穏やかに寝入ってる
フィリーちゃんに。
静かで優しい時間が続きますように。
ママさん、沢山沢山撫でてあげてね。

※フィリーちゃんのブログから画像お借りしました。


今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブ ログ村
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村
わんわんママ
こんばんは。北海道も暑いですね(苦笑い)
ゆらさんの言葉通り、色々な考え方がありますよね・・
100人が100人絶対同じ考え方ってありませんよね。
でもね、私思うんですよ、叱咤激励してくれていても、その立場の時は今が必至・・そうだねそうだねと聞いていても
後から涙でてきますよね。家の仔も3歳過ぎてころから慢性的に同じ病気が出て来まして病院を変えてもお薬を変えてもあまり良い方向に向かいませんでした。
そこで思いついたのが手作りごはんでした。
手作りよりも質のいいフード、高価なサプリ、栄養学の知識がないのに・・などなど、ですけどね、ゆらさん
家の仔フードはおかわりせがまないのに手作りごはんはおかわりせがむんですよ・・数値が4年かかりで少しづつ戻ってきてるんですよ・・手作りにしてから、たまたまか?病気が出てきてないんですよ。今でもこれでいいのかな?必要な栄養素すべてとれてるかな?などなど毎日行ったり来たりですが、ずーっと
足元にへばりついてごはんを待ってくれている姿を見たら
おかーさんが守ってやる!!と思います。
まぁ人生半ばも過ぎると人様の言う事なんか素直に聞けません←これが駄目なんですけどね・・(笑)
この仔が体をなでるだけでも痛がるようになったら・・
私が抱きしめて病院で楽にしてもらいます(その時になったら先生の事蹴飛ばすかもしれませんが)
でも、きっと いやいや絶対何かを探して、みーんなに泣きついて知恵を借りて少しでも痛みを取り除き
きっと、ずーっと一緒に居るな
2013/08/12(月) 22:18:01 | URL | [ 編集]
菜々ママ
ゆらさんの一言一言が胸に染み渡ります・・・。
本当にすべてのことに共感いたします。
それは三姉妹を見送って来られたゆらさんだからこその
言葉なのでしょうね。
もう胸がいっぱいになっちゃいました^^

フィリーちゃん、今まで頑張って来た分、今はパパさんとママさんの
ぬくもりと愛情に包まれて穏やかで優しい時間が続きますよう祈っています。
2013/08/13(火) 10:24:46 | URL | [ 編集]
さくら&凪ママ
こんにちは。
大阪は毎日本当に暑くて暑くて、エアコンは1日中フル回転しています。(さくらのために)

本当に、人それぞれ考えがありますね。
でも、その仔が一番望んでいることが分かるのが、ずっと一緒に過ごしているママやパパなのではないでしょうか?と思うのです。

このブログに出合って、ゆらさんの一言一言にいつも、一人でうんうんとうなずいています。
2013/08/13(火) 11:13:35 | URL | [ 編集]
海パパ
「ワンコを飼うときの10の約束」
私は、いつも思うんですが、いっぱい遊んであげて、
いつも誰かが一緒にいてあげて、
最後の時は看取ってあげる。
そう心に思いながらうみと過ごしています。
それが自分のワンコに対するスタイルだと信じてます。

あとで後悔しないことなんて有りえないんじゃないかな?
こうすればよかったとか、あれをしてあげたかったって。

今自分にできることにベストをつくす。
それでいいんじゃないですか?

私は、ゆらさんがおっしゃっていることに共感しているファンのひとりです。

偉そうなことを言ってしまいました<(_ _)>
2013/08/13(火) 11:31:31 | URL | [ 編集]
angel kiss
こんにちは。
yuraさんの投稿を読みながら、皆さんとまったく同じ、
「うん、うん」ってうなずいてる自分がいました。
読んでてすーっとなぜか心が楽になりました...。
介護や看護についてはいろんなご意見、お考えが皆さんに
あるんだと思います。
そしてご家庭によって生活パターンや環境も違いますものね。
ただ言える事は何がおきても愛するわが子の為に、
最善と思われることを信じて行う、そうしながら
日々共に生きることなのかな~なんて考えたりしました。
うちも11歳になりましたから、たまに悩む時もありますが、
こちらのブログに遊びに来て元気を頂いてます。

フィリーちゃんには、パパさん&ママさんと穏やかに
ゆっくり過ごしてほしいと祈るばかりです。

りるちゃんもすっかりパパさんママさんの
愛情を独占して幸せそうですね!
りるちゃんは最初からママさんところの子だったんだ
なんて、いつもかってに納得してます(笑)

いつも元気を頂き、ありがとうございます!
2013/08/13(火) 12:00:40 | URL | [ 編集]
ももちぇり
こんにちは!

ゆらさんの言葉は本当に重みがありますね。
辛い経験を何度も乗り越えて出る言葉には、心に訴えてくるものがあります。

最期を見届けてあげることが出来なければ、生き物は飼うべきではない。
動物たちの目には、主さんしか見えていないんですからね。
病気や老いたからという理由で、センター行きなんて
どこをどう考えたらその発想になるんでしょうね。

先日ゆらさんが書かれてた、家庭の環境の変化において
今まで暮らしてた家族であるわんにゃんを手放すこと。。
手を尽くし切った上で、枯れるほど泣いて、愛ある方の
もとへ譲渡するならまだ、なんとか理解できます。
驚くほど安易な理由で手放す輩の何と多い事かと・・

れんちゃんるんちゃんの闘病・りんちゃまの介護に
向き合ってきたゆらさんの姿にどれだけの人が学ぼうと
思ったことでしょう。
わたしも、べべをお世話する姿を見た誰かが、犬や猫に
対する愛情をもっと膨らませてくれたらいいなぁって
思いながら、カートガラガラしています(真夏はお休みちう)
2013/08/13(火) 14:52:49 | URL | [ 編集]
ケンシロウファミリー
こんにちは~

フィリーちゃん、穏やかな時間(とき)を過ごして欲しいですね。

しつけにしても老後の介護にしてもこれが正解と言うものはないですね~、それぞれの個体の性格や飼い主様の考え方など千差万別なので。

ただ一つだけ確実なものがあります、それは飼い主様が選択した決定をワンコ達はすべて受け入れるということ。

病気の事にしてもそうです、苦しむ我が子の為の安楽死は最悪の選択か?と良く問われますがその苦渋の選択をできるのも飼い主様の最後の優しさと責任からだと思ってます。

治らない病気や苦しむ時に私も考えますが、その子の意識がある間は一緒に頑張っていきたいと思ってます、ただ痛みがきつい場合はその時に考えるようにしています。

ワンコ達は痛みが継続して続く場合、その部位や時には全身の痛みを感じる事自体を遮断や和らげる事ができるので頑張れる間は痛みを共有する時間も必要だと思ってます。


一杯ワン友さんがいるゆらさんの事ですから沢山の人と悲しみも痛みも共有すれば辛いことは半分に、そして喜びや楽しい事は倍増できると思います。

これからも我が家の子供達も応援していきますね!
2013/08/13(火) 19:40:22 | URL | [ 編集]
keiko
こんにちは~♪
北の大地も暑いでしょうか(*^_^*)

犬の幸せって、最後まで家族の側で、家族に愛されて
天に昇る事だと思います。
世の中色んな方がいるんですね、びっくりです(怒)

新盆のりんちゃま、るんちゃん、そしてお空組二年生のれんちゃん、皆さんお盆でお家に帰って見えてるかな(*^_^*)
りるちゃんも交えて思い出話、楽しい語りいっぱいでしょうね(^_-)b

るんちゃんと、りんちゃまの最後をblogで見届けさせて貰った
私は何故かお二人の話になると涙です。
ヨロシクお伝え下さいね(笑)
2013/08/14(水) 11:13:20 | URL | [ 編集]
ゆら
わんわんママさんへ
湿度が高い毎日ですねー(泣)
手作りにされてから、おかわりの催促なんて
作りがいがありますね。
毎日栄養価が完璧なんて、なくてもいいのでは
ないでしょうかね。
私達人間だってそうであるようにね。
ママさんの愛のスパイスがありますしね(^_-)
我が仔を思えばこそ、色々な葛藤がでてくるのは
素敵なことですよね。
最期の時まで、しっかりとそばにいてあげられれば
それが一番ですね。
コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 15:50:15 | URL | [ 編集]
ゆら
菜々ママさんへ
お三方を見送って、改めて感じる事も
沢山ありました。
飼い主だって完璧なんてないんですし
どんな道を選んでも、後悔が出ない事なんて
ないんだと思います。
その時その時、真摯に向き合ってあげること
それが一番大切なことですよね。

フィリーちゃん…穏やかな時間過ごして
くれてること、ただただ祈ります。
コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 15:53:57 | URL | [ 編集]
ゆら
さくら&凪ママさんへ
今日もそちらは猛暑でしょ?気温がぐんぐん
上昇ですね(泣)
さくちゃんも体調崩さない事を願ってます。
飼い主が思うこと、出来うるかぎりの事
それが一番ですね。
一緒に暮らす家族何ですものね。
愛があれば、オーケーですね(笑)
コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 15:57:51 | URL | [ 編集]
ゆら
海パパさんへ
本当に仰るとおりですね。
家族として、愛を持って過ごし
その時その時、思うこと、行動する事こそ
その仔にとってのベストですね。
人間、行動や考えを振り返るとき
後悔の無いことなど無いですものね
それが人間と云うめんどくさい生き物ですね(笑)
後悔があればあるだけ、その時を真剣に
生きてきた、そんな記しでもあるのかなー
なんて思います。
いつも温かく見守って頂き
コメントも、本当にありがとうございます
2013/08/14(水) 16:03:31 | URL | [ 編集]
ゆら
angel kissさんへ
我が仔を思う愛があれば
そのお家で色々道も分かれていくのは
当たり前ですよね。
後悔なんて、人間必ず沸き立つ感情ですものね。
こちらこそ、こんな拙いブログに
目を通していただいて
本当に有り難く、嬉しいきもちです。
コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 16:08:25 | URL | [ 編集]
ゆら
ももちぇりさんへ
もうーね、私のつらい経験なんぞ
まだまだ甘ちゃんですよ(ドラマのではなく(笑))
もっともっとお辛い経験されてる方々も沢山いらっしゃいますものね。

本当に安易に手放す人間が多すぎですよ
よんどころ無い事情で手放さざるを得なくなった方の
里親募集の記事って、やっぱり読んでるものにも
伝わってくるんですよね
あぁーどれほど悩み苦しみ、この決断をされたのかって
でもそれを感じられない人の多いこと!
憤りを感じざるをえませんね。

りんや、れん、るんにして来たことは
特別な事でも、立派なことでもなく
愛する家族、相棒への当たり前のことです
ももちぇりさんもそうでしょ、bebeちゃんへの
介護、凄い事でも立派な事でも無い
当たり前の事、そう思って介護なさってると思います。

そう、bebeちゃんを見て
後ろを振り返り、わが愛犬のことを
愛しんでくださる方が増えてくれますように
幸せわんの笑顔でいっぱいの世の中になりますように
そう願わずにはいられませんね。
コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 16:20:54 | URL | [ 編集]
ゆら
ケンシロウファミリーさんへ
いつもありがとうございます。
ケンシロウ家は沢山のわんちゃんとの日々
犬飼いの大先輩です。
その仔のもった資質や性格
飼い主とのかかわりによって
その時その時対応が変わってきますものね。
その仔を思ってしてあげる事こそが
一番なのだと思います。
しっかり向き合ってあげると
犬はそれを受け止めてくれますね。
いつもありがとうございます。
フィリーちゃん、穏やかな時間を、と願うばかりです。
2013/08/14(水) 18:27:13 | URL | [ 編集]
ケンシロウママ
私はケンシロウに出逢ったとき、
もしかしたらそこまで深く考えずに
家族に迎えてしまったかもしれません。

でも、毎日毎日、
お留守番ばかりの日々を
一生懸命私を頼って生きてくれてる、
その姿に、もう家族以上の想いを
抱くようになりました。

いつも、
うちに来て、ホントに幸せかな?
よそのおうちならお留守番しなくてよかったのかな。。
いつかお見送りする日が来るのを
自分は耐えられるのかな。。

いつも、いつも考えずにはいられません。


yuraさんのブログに出逢って
まだ日が浅いのですが
いつもとても勉強になります。

いろんな考え方があると思いますが、
みんな親バカ、みんなうちの子1番!
そんな飼い主さんばかりだと
いいなぁ、と思います(*^^*)

とりとめのない文章ですみません。。


フィリーちゃん、
間違いなく幸せな犬生‥
もう少し長くこちらで過ごしてほしい、ただ、祈ってます。
2013/08/14(水) 18:29:22 | URL | [ 編集]
ゆら
keikoさんへ
毎日お忙しくお過ごしの事と思います。
お体ご自愛下さいね。
こちらは気温はさほどではないのですが
湿度が高くて、ちょっと不快指数が
高い毎日です。
でも本州の北海道以南の方々すると
天国ですね。

世の中色々な考えの方がおりますからね、
色々なご意見があってもっともです。
私もたいして立派な飼い主ではありませんでしたけど
最期ね、お三方をこの我が家で
大好きな場所、自分達の寝床で
看取ってやれたことだけは
誇りに思っています。
それ以外は後悔ばかりですが(笑)
えぇ、りんやるんの時には
沢山お力になって頂きましたから
宜しく伝えておきますね(笑)
ありがとうございます。

ベル兄ちゃんの命日間近ですね。
月日の経つのは早いものですね。

コメントありがとうございます
2013/08/14(水) 18:33:18 | URL | [ 編集]
ゆら
ケンシロウママさんへ
いや、私もりんの後
続いてれんやるんを迎えて
深くなど考えてなかったとおもいます。
一緒に暮らす月日か過ぎゆくうち
とてもかけがえのない存在になっていきました。
こんなにも犬って素晴らしいとは
思ってもいなかった嬉しい誤算でした。
シニアになるにつれ
どんどんその思いも膨らみ
益々彼女たちが愛おしくてたまらない
毎日でした。
その時その時を真摯にうけとめ
考え、しあげる事が、この仔達には
一番のプレゼントなのでしょうね。
最期の時まで、その体にふれていてあげる、それだけでもう素晴らしい事ですよね。
こんな拙いブログですが
ここに大バカがつくほどの
犬バカがおります(笑)これからも
宜しくお願いします<(_ _)>
いつもコメントありがとうございます
2013/08/14(水) 18:39:25 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法