犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (17)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ハイシニアの放棄
やっぱり1月ですな
極寒状態の北の大地です。
昼間もマイナスのまま。

それでも楽しいボール遊び♪


毎日本当に飽きないわ

やっぱり、こう並んでると
ラブとゴールデン、あっ、しつこいですね(笑)
失礼しました。


最近Facebookで
わん友さんと沢山お友達になって頂いて
タイムラインで近況を拝見したり
保護団体さんの記事をシェアしたりと
使いこなせてないにはしても
それなりに楽しませて貰ってます。


毎日目にする飼育放棄された
犬や猫達。
それを助けようと尽力をつくしている
保護団体や個人保護の方々。
お仕事しながら、家庭を持ちながらも
時間を割いて動かれてる様は
本当に真似のできない事。


とある管理センターに
昨日15歳のイエローラブの仔が
飼い主持ち込みで収容されていた。
なんでなの?
15年も一緒に暮らして
老いたからといって捨てられるのだろう。
冷たいコンクリートの上に
丸くうずくまっている
その仔の姿が、悲しそうで
寂しそうで。
15歳なんて、長生きしてくれて
有難う。
こんなに一緒にいてくれて
ありがとう。って
ありがとうの言葉で溢れる毎日なのに。



あたちは温かだよ。


幸いその仔は
保護団体のボランティアさんが
一時預かりで引き出して
動物病院に連れていってくれたとの事
良かった、本当に良かった。
でも、これはほんのひと握り。


ハイシニアの収容
本当に最近多すぎる。
余命幾ばくも無い犬生を
冷たいコンクリートの上で
誰にも看取られず、
たった独りぽっちで
息を引き取る仔が沢山いる。


無念の御霊も
お空ではまた元気に楽しく
駆け回ってくれてる事を祈りたい。


ハイシニアは
人間同士のそれより
ずっとずっと分かりあえて
目を見合ってるだけで
沢山の会話が出来るんだよ。
そんな事にも気付けない
自分勝手で残念な輩には
いつか必ず天罰が下るであろう。



お参りきてね
水辺の墓地47丁目


フィリーちゃんもお友達もいるよ
森の墓地42丁目



今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
ルイーズママ
北の大地のお二方、楽しそうですね(^^)
ルイーズ地方も積雪がありました。
が!!北の大地に比べたらお子ちゃま(^^;)
10センチくらいかな。

私も、Facebookで15才の持ち込み放棄知りました。なぜ、ますます一緒に過ごす時間を大切に出来ないのでしょうね。
看取り預かりとか看取り親なんて言葉がなくなることを祈るばかりです。
2014/01/11(土) 19:32:21 | URL | [ 編集]
やまちゃん
ひどい‼ハイシニアの子を…(泣)わがままで傲慢(怒)
ほんと15歳まで一緒に生きてきたのに…信じられない。゚(゚´Д`゚)゚。

りるちゃん、るいちゃん、今日も楽しいバトル(*^。^*)
元気でなにより♥
2014/01/11(土) 20:18:37 | URL | [ 編集]
らむママ
実は、らむは心臓が悪いので15歳まで生きられる可能性はとても低いんです。
変な話かもしれませんが、私にとって介護もなにもかも、うちのコが老犬になることが憧れであり、夢なんです。
それを捨てるだなんて、本当に信じられません。そんな人は来世はきっとろくなもんじゃない。じゃないとやってられない。
やったことは必ず自分に還ってくると信じています。

2014/01/12(日) 01:48:18 | URL | [ 編集]
海パパ
放棄しなければならない大きな事情があったんでしょうか?
タイトルを忘れてしまいましたが、西田敏行とワンコの映画を
何故か思い出してしまいました。
最後まで一緒に寄りそう関係でいたい。
何があっても最後を看取ってあげるのが、ワンコを飼う必要条件ではないのでしょうか。
俺はそう思ってるんだけどな。
2014/01/12(日) 04:55:59 | URL | [ 編集]
わんわんママ
家の仔は、るんちゃんと同じく毎週水曜日毎回同じ時間
病院に通っています。(鍼灸ですが)
先週の事先生と、まず15歳目指してるんです15歳超えて
偉いね偉いね~って言われて御長寿さんで表彰してもらうんだもんね♥って話してました。先生も、大丈夫だよ表彰してもらって、うーんとうーんと長生きしょうねって話したばかりです・・

そうして・・ゆらさんのブログから衝撃なお話・・
その仔は家族と楽しさや温かさ癒し色々な事を一緒に過ごしてきたのではないのでしょうか?その仔に助けられた事はないのでしょうか?

人間は、どれだけ偉いのでしょうか?
人間は、都合の悪い事はすぐに忘れられる楽な生き物でしょう
    か? 
2014/01/12(日) 10:07:17 | URL | [ 編集]
ももmama
私も、辛い現実を見ることがあります。
歳を取ったから、病気になったからと、
動物愛護センターに引き渡される子達。
引き渡した方は知らないのでしょうか?
安楽死とは程遠く、苦しんで逝くことを・・・。
その方にとって、犬はどのような存在だったのでしょう。
まっすぐに見つめる、人間を信じる瞳を裏切れるもの
なのでしょうか。
15歳。
うちのもももなって欲しいと願う、あこがれの年齢です。
最期の時も、愛する家族と一緒に迎えて欲しかったな・・・。
どうか、幸せな犬が増えて欲しいと願うばかりです。
2014/01/12(日) 13:09:53 | URL | [ 編集]
メル母
ゆらさん、今頃のごあいさつ…失礼します(>_<)
私は今年も覗き見専門(←何かいやらしい?)になりますが、いっぱいいっぱいお邪魔させて下さいね♫
今年もよろしくお願いします(≧∇≦)/

りるちゃん♥るいちゃん、今年も元気にガウガウやってるねー♪
でもほんとに多少ガウガウが激しすぎても、健康が一番ですよね(^^♪

私も時々メルがいなくなる時の事を考えると、その喪失感、悲しみに耐えられるのか?とても不安になる時があります。
でもゆらさんが言ってくださっている様に、『いっぱいの愛が溢れる宝箱を残してくれる』のだから、怖がらず、最期の時に後悔が少しでも小さくなる様に、日々メルと過ごせば良いんですよね\(^^)/

今頃のごあいさつになったばっかりに、前の記事のお話をして申し訳ないのですが(^^;
協会顔ってあるんですね♪
毎日色々な訓練をがんばっているうちに、知らず知らずのうちにキリリ!!としたお顔になってくるのかな?

私も黒ラブのメルを連れていて『チッヽ(`Д´)ノ』と思った事は数え切れません…
やっぱりどこにもいるんですね、そんな失礼な言葉を考えもせずに音として平気で発する人…
でもでもゆらさんのお話や、みなさんのコメントを読ませてもらっていると、私たちの方が断然大人な対応ですよね。
そういう人たちにいちいち腹を立てる事の方が、時間の無駄ですよねーーーσ(≧┰≦ )ベー

15年も一緒に同じ時間を過ごしてきた愛しいわんこを、手放す理由って一体何??
どうしてそんなひどい選択ができるんだろう…
一番信頼していた、一番大好きだった人に、そんな仕打ちをされたわんこ達の気持ちを思うと、ほんとにいたたまれません。

ゆらさん、前回は変なお願いをしてすみませんでした(=_=)
ゆらさんが居て下さるから、何の心配もいりませんよね(*´∀`*)
2014/01/12(日) 17:24:29 | URL | [ 編集]
Triumph
うるうるしながら読ませてもらいました。
日々の暮らしが大変になってきているこのご時世だからなのか、悲しい現実はなくならないものですね・・・。
15歳まで一緒に過ごせるのってすごい幸せなことなんですが、そう思わない方もいらっしゃるんでしょうね。
動物は損得を考えず過去、未来よりも今をちゃんと生きている尊敬すべき生き物であるのに・・・。
弱いものが犠牲になるこの世の中に歯がゆさを感じます。
動物、人も暮らしやすい世の中になって欲しいものです。

うちの仔は5歳ですが、最後までうちのエルに苦労させないようまずは自分たちがしっかり生活でき、今の状況を維持できるようにしないと・・・と思っています。
2014/01/12(日) 22:18:40 | URL | [ 編集]
シャニまま
夜、ブログを読んで、涙してしまいました。何で、年老いた今まで一緒に暮らしてきた子を捨てることができるのでしょうか?動物を飼うなら死ぬまで面倒を見る覚悟でいなければ、飼ってはいけませんよね。
引っ越すからとか、年取って面倒を見切れないからとか、理由にはなりません。本当にその子は、幸運にも引き出してもらえて本当によかったです。

私は今は犬を飼えません。主人の反対もありますが、自分の健康にも自身がないですし、突然の両親の悲報がいつあるかわからない年にもなりましたし。反対している仕事で忙しい主人に任せて、長く日本に行くのこともできないですし。。。。(海外在住はこういうときにつらいです)

自分のことを言うと、アメリカで犬を飼い、韓国にお引越し、そしてカナダに移民と3カ国を一緒に暮らしてきた、我が家の長女、シャニちゃん。つらいときも楽しいときも、一緒に暮らしてきて、もっともっと長生きしてもらいたかったのに。子犬もかわいいけれど、年取ってきて、今まで築きあげてきた、飼い主との絆。ぷちっときれるものなのかな?だって、あと、何年もないのに。。。

ほんとに天罰がいつか下ると思います。

私は先生に進められても、いやでできなかったけど、年取って病気になって、面倒を見れないなら、飼い主さんの腕の中で、安楽死をさせてあげたほうが捨てられるよりも、どんなに幸せな最期なんじゃないかと思います。

こちらは動物を苦しめているよりも、痛くない最期にしてあげたほうがいいという考えがあるので、治る見込みがないと、安楽死を進められます。

動物を捨ててしまうような人たちには二度と飼えない条例でもできればいいのに。。。

りるちゃんもルイちゃんも本当によいおうちに来れて、幸せいっぱいハイシニアになるまで暮らしていけるんですね。

動物を大事に飼っている人たちの家に、4足の足音がいつまでも響きますように。
2014/01/13(月) 02:01:44 | URL | [ 編集]
tammy
本当に、世の中色々な人がいますね。
ワンコが苦手な方、嫌いな方、それは個人の問題なので全く構わないと思います。
ただ、いちど家族に迎えたからには、
終生を共にするというのは当然のことなのではないでしょうか。
自分の子供だったら歳をとったから、言うことを聞かないからといって簡単に捨てたりするのでしょうか。

15歳・・・私だったらそこまでいてくれて万々歳です。
落ち着いてきたからこそできる意思の疎通などあると思います。
我が家では先代犬は7歳で逝ってしまったので、その年齢がどんなにすばらしいことかと思います。

この国では、簡単に犬を買うことができすぎるのも問題なのだと思います。
もう少し審査をする法律ができればいいのに… 。
2014/01/14(火) 10:22:53 | URL | [ 編集]
ルイーズママさんへ
お久しぶりです、ルイーズちゃんは元気に過ごしてますか?
ブログお休みで、ルイーズちゃんの
お顔見られないのがちょっと残念です。
こちらは雪どっさりですよ
我が家のふた姫は、毎日雪まみれで
遊んでいます。
あっ、ルイーズママさんも
Facebookで見られてましたか
あんな愛らしい仔を
どうやったら捨てられるのか分からないです。悲しいです。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:19:42 | URL | [ 編集]
やまちゃんへ
本当に信じられないような事する
人間が沢山いるもんですよ。
2度と犬は飼うな、いや触りもしないでほしいです。
我が家のふた姫は
毎日雪まみれで遊んでいます。
元気でなにより(笑)
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:21:16 | URL | [ 編集]
らむママさんへ
そうですよね、仔と暮らしていると
15歳なんて、毎日有難うの日々なのに
しかもとってもチャーミングさんでね
本当にこんな話しを目にすると
辛くなりますね。
15歳までは無理かも、との事
いえいえ!あくまでも予測ですよ
我が家のりんちゃまも心臓も悪く
ガンの手術も3度
医者に10歳まで生きられたら
御の字ですよ!と言われたばーさま(笑)
16歳まで生き抜きましたからね!
想定外はありますよ!
ファイトー♪
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:25:17 | URL | [ 編集]
海パパさんへ
あっ、星守る犬、ですね。
コミックで読んで号泣でした。
映画もみました。
そうですとも、わんは最後
ずっと共にした者と
一緒にいたいのです、腕の中で
その最後を迎えたいのですもの。
でも家族として迎えたならば
当たり前の事ですよね。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:29:20 | URL | [ 編集]
わんわんママさんへ
こんな悲しい事を目にするたびに
同じ人間である事が、嫌になります。
家族として迎え、そしてその最後の時までそばにいてあげるのが
当たり前ではないのかしらと。
でもその当たり前から外れた人間の
多い事。
どうしようもない気持ちになりますね。

15歳目指して、がんばろー!
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:32:38 | URL | [ 編集]
ももmamaさんへ
本当にこんな現実が毎日毎日繰り返されていて
本当に辛くなるわ。
お国にも問題ありですし
しかも動物愛護センターなんて
まやかしのような名称も問題ですよ。
愛護なんて甚だしき名称。
安楽死なんて程遠く、ガス室での窒息死
もっとこの現実を沢山の方々に
しってもらいたいですね。
ももちゃんも15歳目指して
幸せばーちゃんになろうね。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:36:53 | URL | [ 編集]
メル母さんへ
メルちゃん元気にしてますか
こちらこそ、いつも
覗き見有難うございます(笑)
今年も宜しくお願いいたします。
人間色々ですし、同じわんこを飼っていても
飼い方、思いも色々です。
皆が皆、私の様な犬バカばかりではないと言うこともまた事実
でもね、ひとつの命、責任をもって
最後までそばにいてあげるべきと思います。
それができない人間には
必ず天罰ですよ。
メルちゃんも、うーんと長生きして
幸せばーちゃんになろうね。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:45:36 | URL | [ 編集]
Triumphさんへ
そうですよね、
自分たちの生活基盤をしっかりとね
それが一番なのですよね。
それでも、たとえ15年の月日
ともにしてきて、どんなに貧乏になっても
やっぱり最後まで一緒にいたいと思うんですけどね。
人間色々、節操が無い者が多すぎますね。本当に残念です。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 18:48:38 | URL | [ 編集]
シャニままさんへ
シャニままさんのように
しっかり考えられて
犬を迎え入れない選択も
また大きな愛だとおもいます。
年老いた時の事など考えず、
また想像すらもせず、安易に迎え入れ
老いてきた現実を目でみて
ああー面倒みるの無理!とかって
放棄するのでしょうかね?
そんな人間に会って話を聞きたいくらいです。
モノ言えぬ仔を粗末にするのは
もってのほか!と憤りを感じますね。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 19:15:17 | URL | [ 編集]
tammyさんへ
本当にです、若くして仔を亡くされた方々なら
尚のこと憤りを感じずには居られないとおもいます。
どんなに15歳という年齢が
素晴らしいことか、有難うの日々か
分からない輩は、必ず同じ悲しい末路を辿りますよ。
簡単に買う、飼う、ということが
できすきるのも問題ですよね
パピーミルという、仔を産むだけに
生きさせられてる籠の鳥のような
悲しい一生を送る仔たちもいます。
その先にあるのが、ペットショップで
鎮座している子犬たち。
根本からかえなければ、いつまでも
かわらない日本ですね、悲しいかな。
コメントありがとうございます
2014/01/14(火) 19:20:52 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法