犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (18)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

支援物資の輪
先日
「ご長寿リレーの選手達」ってタイトルで、
紹介させてもらったばかりの
ボニーちゃん

16日朝、天寿を全うされたそうです。

数日は寝てばかりの日々だったそうですが
単身赴任のパパさんと
離れたところにお住まい娘さんと
14.15日の週末に帰られてて
皆さんで週末を過ごされた後だったそうです。
前の日まで、ご飯もちゃんと食べられたそうです。
本当に立派でしたね。
御家族のお気持ちを思うと
どんな言葉をもってしても
その悲しみが癒える事はないでしょう。
今治沢山泣いてくださいね。
私も遠く北の大地から
偲ばせて頂きます。
ボニーちゃん、ありがとう。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


そんな折
ご長寿リレーの選手のダンくんのねぇねさんから
ダンくんが使っていた
アシストバンドを北海道盲導犬協会の
老犬ホームに寄付したいです
との御申し出をいただきましてね

協会に問い合せてみましたところ
今はアシストバンドは沢山の御支援で
30着あまりの余剰気味との事


それでもしよければ
私も応援しております。
HOKKAIDO しっぽの会さんに
支援物資として贈らせてもらえないか?
とご提案させて頂いたところ
快く受け入れていただいて




無事先日、しっぽの会さんに
送らせて頂きました。
ねぇねさん、改めてありがとうございました。
ダンくんからのバトン、しっかりと
繋ぎましたからね。
シリンジを沢山送って頂いたので
ご長寿戦隊 ラブレンジャー(笑)の
ももちゃん
お裾分けさせて頂きました。
皆で使ってね。



しっぽの会さんから
お礼のお手紙と会報が送られてきました


会報の中に、書かれていた一文
「小さな命を大切にする社会は、
子供たちや高齢者にとっても優しい社会」


本当にそう思います。
殺処分が無くなる日がくると
信じてやまないのです。



毎日毎日、捨てられ、殺処分がなされている日本。
これもまた税金です。
こんな悲しい事にお金を使って欲しくない
そのお金は、里親募集だったり
終生飼育の啓蒙活動などに使って欲しいと思う日々なのです。


今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
kei
ボニーさん旅立たれたのですね。
頑張っていらっしゃるお姿を拝見したばかりでしたので
驚きましたそして残念です。
ボニーさんのご冥福を心よりお祈り致します。

上手く表現出来ませんけれど 皆全てを理解して
悲しみ以上の後悔をさせない気配りなのか
ご家族が揃って居る時に旅立ったり 少し前に会えたって言ってるうちに旅立ったり最後のご挨拶まできちりとする律義さ健気さに
感服致します。

ダンさんから受け取らせて頂きましたバトン!次に必ず繋げる勢いでラブレンジャーの使命を果たさせて頂きます(笑)
お気持ちとても感謝しております。

殺処分ゼロの日本になって貰いたい。
動物達と共存出来る社会で有って欲しいと願っています。
2014/06/21(土) 23:02:53 | URL | [ 編集]
ダンのねえね
ボニーちゃん 会ったこともないのに何故か同志のようで
覚悟はしていても、こんな大きな存在が居なくなるのは
辛いです。でも、みーんなちゃんとタイミングを見計らって、役割を果たしメッセージを残していってしまうんですね
ボニーちゃんのやわらかいあたたかい雰囲気は、ご家族に本当に幸せに育てられた証なんですね。ボニーちゃんあなたのことはずーっと忘れません!
出会いに感謝しています。
ダンが寝たきりになってあと1ヶ月で2年になりますが、やっと落ち着いてきました(笑)
ダンのまわりの子がシリンジを使うことを知らずに、飲んだり食べたりできなくて亡くなってしまう子が少なくなくって
もっと早く伝えられたら…
1人でも多くの子が、ほんとうに少しでもいい環境に居られることを願っています。
ほんの少しですがお手伝いできて、
ゆらさんありがとうございました!
2014/06/22(日) 02:12:21 | URL | [ 編集]
ラフィ&あみまま
ボニーちゃん、
ご家族の皆さんにちゃんとご挨拶が出来たのですね。
いいタイミングで、サヨナラして、
良い子でしたね。


ご近所でも高齢犬が使っていた、ケージ、介護ベスト、
残ったお薬等々を回し合いが始まっています。
皆さんやさしいです。

一昔前には考えられなかった動きですね。
ブログの普及も一役かっていると思います。

見送った経験がある先輩方のブログは
これからの私の教本でになるでしょう。
2014/06/22(日) 16:10:55 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/22(日) 22:48:56 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/23(月) 09:07:50 | | [ 編集]
ありす
うちの おかしゃんが かなしんでたので
どうしたの てきいたら
ぼにーちゃん わたしよりさきに
おひっこししちゃったんだね
だめじゃない じゅんばんまもらなきゃ
でも さいごまで ちゃんとたべて おせわになったごかぞくに ちゃんとごあいさつして
すごいねすごいね ぼにーちゃん
だんくんはまだまだ わたしはもうすこし
がんばるから みまもっていてね

ゆらさん うちのおかしゃんも
わるくないいのちを しょぶんするにほんのどこがせんしんこくや といつもおこっています
できることはなにか いつもかんがえています にんげんだけの ちきゅうではないもんね
2014/06/23(月) 10:58:34 | URL | [ 編集]
ボニー
ボニーの母さんです!
みなさんありがとう。
お空では、
歩けるようになって、自分で食べられるようになって、
目も見えるようになって、耳も聞こえるようになって、
それに、お友達もたくさんいるから、
きっと楽しく暮らしてるはず。
みなさん、ボニーへのそしてボニー母への応援、
本当にありがとうございました!
ダンくんアリス姉、あとは頼んだよ。
元気でいてね。


2014/06/23(月) 13:21:52 | URL | [ 編集]
メル&ノア母
ボニーちゃん
17祭1ヶ月…すごいね
ほんとにほんとに勇気をありがとう
ボニーちゃんの様な幸せなわん仔が少しでも増える様に、お空からみんなと見守っていてね

先日のゆらさんが書かれていたパピーミルの事を知ってから、ペットショップに入る気もおこらず(あの仔達には何の罪もないのですが…)メルやノアのお父さん達もそういう状態なんだろうか?と思うと、ほんとにやるせなかったり、腹立たしかったり…
でもそれをどうする事も出来ないもどかしさで、タメ息だけが出ていきます

ゆらさんのブログを通して出会わせていただく方々とい一緒に暮らしているわん仔は、本当に大切にされている幸せわん仔達ばかり…
なのに、同じようにこの世に生を受けて、その仔達とは真逆の一生を送るわん仔達がたくさんいる
この言い方は違いますね
真逆の一生を送らせる人間がいる

どんな感情を持ったらそんな扱いが出来るんだろう…
そんな人間がダンくんのねぇねさんが寄付してくださったアシストバンドやシリンジ等のたくさんの介護用品を見てどう思うんだろう…
鼻で笑うだけか?

最近までパピーミルという言葉も、保護犬や殺処分されてしまう仔達がそんなにいる事も知らなくて、メルとノアだってペットショップから迎え入れた私が、偉そうな事を言う資格はないのかもしれないけれど、国をあげて取り組まない限り、こういう仔達は絶対にいなくならない!
国をあげてしっぽの会さんの会報に書かれていた言葉に気づくべきです!!

ゆらさん…
一体私たちに何が出来るのでしょう

虚しくて 悔しくて 涙が溢れます

長々とすみません…
2014/06/23(月) 17:33:17 | URL | [ 編集]
ゆら
keiさんへ
ボニーちゃんを偲んでくださり
本当にありがとう。
そう、なんでわん達ってこんなにも
律儀なのでしょう、深い愛を持ってるからかな。
ももちゃん、バトンをはなさぬように
ゆっくりあるいていってね。
コメントありがとうございます
2014/06/23(月) 21:27:37 | URL | [ 編集]
ゆら
ねぃねさんへ
このたびは本当にありがとうございました。
しっぽの会さん、とても喜んでくださっていたようです。
こうして繋いでいく事ができて
私も嬉しく思っています。
本当にありがとう。
ボニーちゃんの事は、本当に残念です
でも、深い愛を最後まで見せてくれて
立派でしたね。
ダンくん、ありすちゃん
ゆっくりいこうね、皆の分まで前え進めー(笑)
ダンくんの目力はまだまだ!
いつも応援しています。
コメントありがとうございます
2014/06/23(月) 21:32:34 | URL | [ 編集]
ゆら
ラフィ&あみままさんへ
ボニーちゃん、最後まで家族思いの
とても立派な仔でしたね、それだけご家族が
いっぱい愛したからこそなのでしょうね。

高齢犬の飼い主さんの間で
情報交換や、介護用品の貸し回し
とても素敵なことですね。
ブログの普及で、皆さん仲間がいる!と
勇気や希望、沢山の応援
そんなことが励みになりますね。
遠く離れていても
皆、心は一つ、とても素晴らしいです。
コメントありがとうございます
2014/06/23(月) 21:45:38 | URL | [ 編集]
ゆら
ももちぇりさんへ
ボニーちゃん、立派でした
ご家族から受けた、いっぱいの愛をかんじて
旅立った事でしょう。
寂しいですが、ここにご家族に看取られた
幸せなわんこがいてくれたと思えるだけで
涙が溢れます。
ダンくんのねぇねさんには、ご足労お掛けしましたが
こうして保護犬たちに使って貰えて、
本当にうれしく思います
仲を取り持ってくださり、本当にありがとう。

その番組見てました
Facebookでもタイムラインに載せて
罵倒しました(笑)
飼い主も高齢とはゆえ、まだまだお元気そうなご夫婦
なぜ?そばに置いてあげられないの?
介護が大変、専門家に預けた方がいい
そんな訳ないじゃん、長生きなんてしなくたって
自分のお家にいたいよね
だってあの仔、預けられたあと、食欲もおちて
痩せてたじゃない、ももちぇりさんと同じく
朝から号泣でしたよ。
犬の介護施設、あのメディアの取り上げ方は
人選ミスですね。
あんな元気な飼い主でも、お金を出せば最後まで看取らなくてもいいんだ
そんな風に世間には思わせたでしょうね。
終生飼育を広めるためには、あんな情報いらんです。
本当に腹立たしく見てました
そして、黒ラブだもの、重なるよね
最後までそばにいてあげて欲しい
私も、この家で、お三方を看取ってあげられたこと
それだけはよかったと思っています。
コメントありがとうございます
2014/06/23(月) 21:58:28 | URL | [ 編集]
ゆら
鍵コメさんへ
本当に残念ですが、ボニーちゃん立派でした。
本当にわんこって、大きな愛でいっぱいですね。
ありがとう、の気持ちでいっぱいですね。

はい、またがんばってるご長寿
ご紹介出来れば嬉しいです。
私達の方が元気もらってますよね。

こちらもやっとお天気になりました
雨続きでだらだらしていたつけを
取り戻すべく(笑)毎日バタバタ過ごしています。
いつもコメントありがとうございます。
2014/06/23(月) 22:14:56 | URL | [ 編集]
ゆら
ありすちゃんへ
ボニーちゃん、駆け足でお空に行ってしまったね。
寂しくなってしまったけど
ありすちゃん、みなの分までニコニコすごしてね。
お空は満員だから、こちらでもっと
ゆっくりすごしてね。
コメントありがとうございます。
2014/06/23(月) 22:17:11 | URL | [ 編集]
ゆら
ボニーママさんへ
ママさん、かける言葉が見つかりません(T_T)
本当に最後まで、ボニーちゃんのそばにいてくださり
ありがとうございました。
幸せな最後だったと思います。
お空は賑やかですね、歓迎会で忙しいことでしょう。
姿は無くなっても、魂は宿ってると思います。
ママさん、どうぞお体ご自愛くださいね
コメント恐縮です、本当にありがとうございました。
2014/06/23(月) 22:21:54 | URL | [ 編集]
ゆら
メル&ノア母さんへ
ボニーちゃんを偲んでくださり、ありがとうございます。
最期の時まで、家族と共にすごし
看取られることが、どれほどわんにとって
幸せなことか、つくづく感じる昨今です。

パピーミル、本当にやるせないです
でもこのままでは絶対にいけないです
私達一般人になにが出来るだろう
何も出来やしない、って思った時がありました
でもパピーミルの現実を知り
そのことを誰か一人にでもいい
いや、家族でもいい、そんな話しをする事
それがまず第一歩ではないかな、と思うようになりました

少しずつですが、影響力のある芸能人の方々が
動物愛護に尽力をつくしてくださってます
少しずつ少しずつ、変わってきてるのも確かです
みなが見て見ぬ振りをしないで
声をあげていくことが大切だと思います
一人一人の小さな声も
沢山集まれば、大きな声になりますものね。
こうしてメル&ノア母さんのように
考えてくださる人がもっともっと増えて欲しいです。
コメントありがとうございます。
2014/06/23(月) 22:32:57 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法