犬バカ日誌 第2章
老犬3匹3色ラブをお空に還し  2013年3月14日に函館抑留所より保護犬りる♀推定8歳を迎える  2013年11月3日北海道盲導犬協会よりキャリアチェンジ犬るい♀を迎える 我が家の4代目5代目ラブラドールとの 徒然日記。

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
3匹3色ラブラドールをお空に還しました。
黒ラブりん16歳1ヶ月
(2013年6月1日虹の橋へ)
イエローラブれん14歳11ヶ月
(2012年2月15日虹の橋へ)
チョコラブるん12歳9ヶ月
(2013年1月30日虹の橋へ)

2013年3月14日 函館抑留所より
保護犬りる♀推定12歳を迎える。 
りんの「り」の字とるんの「る」の字を貰い
名前は「りる」
容姿はれんを感じさせてくれる
お三方の力を貰って、百人力!

2013年11月3日 北海道盲導犬協会より
キャリアチェンジ犬を迎え入れる
2012年6月30日生まれ
「ウィンク号」改め、
名前は「るい」
5代目ラブラドール
4歳のまだまだやんちゃ姫

そんな我が家の4代目5代目
ラブラドールとの徒然日記です。

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
お三方の事 (166)
チョコラブ るんの事 (123)
イエローラブ りるの事 (67)
りんとりるの事 (14)
犬ごはん (35)
老犬介護のあれこれ (20)
お友達の事 (67)
黒ラブ りんの事 (142)
日常 (132)
つぶやき (109)
イエローラブ れんの事 (91)
りん介護記録 2011,9~2013,6 (2)
お出かけ (19)
イエローラブ るいの事 (18)
りるとるいの事 (43)
通院記録 (8)
ドッグラン&ドッグカフェ準備 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

小さな事からコツコツと
無事に昨日は義母の七回忌の
法要が済みました。
肩の荷がおりたわ(笑)


お昼間はすっかり放ったらかしで
お留守番だったふた姫
お散歩楽しみましょう...♪*゚
りるとるいと並んで
テクテクお散歩



よく声をかけられます
「お利口さんね」
「ニコニコしてて、楽しそうね」
「親仔なの?」
「姉妹なの?」




我が家付近では
お仕事をリタイアされ
ノンビリとそのシニアライフを
楽しんでおられるご夫婦が
並んでウォーキングをされてる姿を
とても多くお見かけします


ふた姫とのお散歩中
そんな方々からよくお声をかけて頂きます。
その大半のご夫婦が
「昔大型犬を飼ってましたのよ」
そう仰りながら
それはそれは懐かしむように
そして慈しみ、過ぎ去った昔
その温くもりを思い出すかのように
りるとるいの事を
撫でてくださいます。



りるは特にお散歩中も
笑顔いっぱいで歩いています

「この仔は特に楽しそうね」って言ってもらいます。


この仔は保護犬です。
必ずりるの事にふれられる方には
そう話し始めます。
なにも、保護犬を引き取ったから
ほら!私って凄い飼い主でしょ?
なんて云いたい訳ではありませんよ
そんな気持ちは1ミリもありません。




ただ、知って貰いたいのです
保護犬と言われる
飼い主に見放された仔たちが
この世に沢山存在する事を。


保健所、殺処分
知らない方の多いこと。
りるの事をお話しすると
そーなの?そんな仔たちが沢山いて
そして殺処分されてるの?
こうして助かる仔は、ほんのごく一部なのね。
涙しながらお話しを聞いてくれるご婦人もいらっしゃいました。


時には、近所の子供達にも
話す事があります。
「わー可愛い、撫でてもいいですか?」
数人の小学生たち
「犬欲しいんだけど、お店に行ってもね、お母さんが高いからダメ!って言うの」
「この仔はいくらで買ったの?」
そんな事を聞いてくる子もいます。
この仔はね…と
すかさず話し始めます(笑)





君たちと同じ命である事
お世話をするのはとても大変である事
皆と同じ、お腹が痛くなったり
吐いたり、下痢をしたり
お熱が出てしまう時もあると言う事
そしてりるのような保護犬がいると言う事


頭や背中を撫でる子供達の手を取り
りるとるいの心臓の場所に
手を当てさせ
ドクンドクンと鼓動を感じてもらいます
ねっ、心臓動いてるね
皆と同じだね、生きてる証だね。


ぬいぐるみでもなく
電池で動くおもちゃでもありません
そこにあるのは小さな命(大型犬だけどw)
私達人間と同じ命である事を
子供らにも感じてもらいたい


しっとりとした雰囲気の中
子供達も頷き、何かを感じてもらえたかな?と悦に入っていたなか(笑)
「わかったー保護犬ならタダだからお母さん飼っていいって言うかもぉぉ~」
そーじゃなくて!!( ToT )
話の意図をはき違えるなぁ!
駄目だこりゃ~なんて子もいますけど(笑)


母さんとりるとるいとの
小さな小さな啓蒙活動は
日々懲りずに続くのであった。



今日もご訪問ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
シェリルvid
ほんとうにそう思います^^ 
知っていて当然と思いがちな保護犬や保護猫の存在をまったく知らない人たちがあまりにも多い事に驚いたりなほどで・・ 

以前 保護団体の活動でソアラたち元保護犬を連れて街頭に立ったとき
保護犬の存在をここで初めて知ったという愛犬家の方たちが涙を流してソアラ達をなでていてくれた事があって・・ 
きっかけがなければ保護犬・猫 そして殺処分の事実を知ることが出来ない現状に残念でたまらない思いをしました
ひとりでも多くの人たちに知ってもらうためにも りるちゃんやソアラの存在は大きいと思います^^v

それにしてもいつも満面の笑顔なりるちゃんには どんな心も癒されると思える力があって・・
またそれもりるちゃんの思いからのメッセージでもあるのでしょうね・・(#^.^#)
2014/07/21(月) 13:27:39 | URL | [ 編集]
kei
同じ気持ちです。
先日 キャバリアの女の仔を14歳で看取った犬友が
1年が経ち 2代目のボストン・テリアを譲り受けました。
先代もこの仔もパピーミルでした。
虐待の痕跡も有りました。
けれど初めて会った私にも尻尾ブンブンでフレンドリー
クロエちゃんと命名されました。
先代の仔がいるうちに結婚なさって産まれた2人の娘さん
小学校2年生と年長さんです。
「クロエはね。おうちでは買えない高い犬なんだってよ。」
「でもただで貰ったんだ。こんなに良い仔なのに要らないんだって」と無邪気に話してくれました(笑)
心に傷を持っているであろうワンコと素直で優しい気持ちの子に
思わず「ありがとう」と言ってしまいました。

あらら 話がそれました。
そんな気持ちの子も居るので地道な活動どうぞ宜しくお願いします。(*´▽`*)


2014/07/21(月) 14:36:46 | URL | [ 編集]
わんわんママ
ゆらさん お疲れ様~
私も最近身内のことで色々あり走り回っていたので
くぅとのいつも通りのお散歩が何より一番で
何より楽しみでした~(それでいいのか?)

本当に保健所や殺処分と言う言葉を知らない方が多いですよね
我が仔が迷子になった時、どこに連絡をすればいいのかすら
分からない方が多い!びっくり

フードの新発売やおやつのコマーシャルばかりでなく
もっと沢山の方に今の日本の現状を知ってもらえるよう
何か方法はないのでしょうか?

ゆらさんが言ってましたよね?
幸せな仔の数だけ不幸な仔が居る・・って
せめて家族に迎え入れたなら最後まで一緒に居てあげてって
思います。

くぅですが 夏バテはしてませんよ~
今日も今季初、支笏湖行ってきました~
先日のマール君やるいちゃんの支笏湖見て いーなぁいーなぁ
と思っており本日行ってきました~
本当はゆっくり泳がせてあげたいのですが・・
泳ぐのが大好きでずーっとずーっとエンドレスで泳ぎ続けます
休憩と言う言葉を知らない・・・汗 
 
子どもと一緒で強制終了させないと帰って来てから
立てなくなります・・本日は30分で終了させました。
でも、彼女大満足のご様子でお風呂に入り
白眼むいて寝てます(笑)

そして、この時間だと起きてから何かあった時
病院にも走れますからね~
2014/07/21(月) 14:38:01 | URL | [ 編集]
海パパ
人間以外の小さな命、そういうことを教えていくは大事なことですよね。
うみが参加している訪問ボランティアでも、保育園や小学校に行く時は子供たちにそういう話をしています。

子供ってさぁ、自分で面倒見るからお願い!!って言っといて、面倒みるのは最初だけ。
我が家もウサギの世話、熱帯魚の世話はおいらだったからね(~_~;)
2014/07/21(月) 15:59:06 | URL | [ 編集]
ubujun.
ご無沙汰です~。
お元気そうで何よりです♪
そうそう。りるちゃんみたいに
ゆらさんにもらわれて、本当に良かったと思える子ばっかりになればいいですね。
そういえば同じ保護犬でも、犬種がはっきりしていれば、ミックスの子よりもらわれやすいなんて記事を読みました。
こんなところにも格差があるのか…と思うと、切ないですね。
反面、某タレントさんのように、問題のある子を進んで引き取って、真剣に取り組んでいらっしゃる方のブログを読むと、
素晴らしいな、自分も何か、と思うんですけど、
一般人には金銭的な壁もありますよねぇぇぇ(T_T)(笑)。
2014/07/21(月) 23:23:02 | URL | [ 編集]
ゆら
シェリルvidさんへ
そうなんだよね。
こんなに知らない人がいるんだ!って
改めて思ってます。愛犬家の方も知らない人いっぱい。
でもりるのお陰で、こうしてお話しする機会がもてるって
事も、なにかしら意味のある事何だろうなって
なんか後ろから後押しされてるっていうか
なんと云うかね。
ソアラちゃん、りるはほんの一握りの中のしあわせを
掴めた仔
なにか伝えていけるといいですね。
ソアラママさんは、お忙しいのに
保護団体さんの支援もされてて、頭が下がる思いです。
コメントありがとうございます
2014/07/22(火) 19:19:47 | URL | [ 編集]
ゆら
keiさんへ
そんな温かい家庭で育ったお子さんって
きっと優しくて、大きな心を持って
成長していくのだろうな、なんて
優しい気持ちになれますね。
幸せになりたいのは人間だって
犬や猫達だって同じですもの
この空の下で、悲しい毎日をおくる仔達が
無くなりますようにって
いつも願ってます。
コメントありがとうございます
2014/07/22(火) 19:24:03 | URL | [ 編集]
ゆら
わんわんママさんへ
本当に仰るとおり
愛犬が居なくなっても
どこに連絡して良いのか分からないって
方々も多いですよね。
ましてや保健所、愛護センターが
どんな所かも知らない人も多いですよね。
本当に、くだらないCMばかりじゃなくて
もっと意味のある事、発信して欲しいですね。
ネットとは無関係の人間だって
沢山いるのですもの。

くぅちゃんはエンドレスで泳ぐのね(笑)
亡きりんと一緒です(笑)
りんも加減の知らない突進型(笑)でしたから。
強制終了大切ですね。
元気に過ごしてられるようで
本当に良かったです。
夏、楽しまなくちゃね。
コメントありがとうございます
2014/07/22(火) 20:00:06 | URL | [ 編集]
ゆら
海パパさんへ
そうだーうみちゃん、パパさん
ボランティアされてましたよね
そう言うこと、伝えていくのも
大人の使命何じゃないかなって思います。
活動、素晴らしいです、頑張ってくださいね。
私も小さな事から、続けて行きます。
コメントありがとうございます
2014/07/22(火) 20:02:22 | URL | [ 編集]
ゆら
ubujunさんへ
りるみたいな仔なんて
一握りなんですよね、助けられる命にも
限界があるほど、多くなってますからね。
地道に活動されてる方々には
頭が下がる思いです
金銭面のみならず、その自分の時間を
活動に当ててる訳で、そのパワーって
凄いなって、尊敬してしまいます。
純血種が人気って、やっぱりどこまでも
人間ってね。
覚云う我が家も、りるがレトリバーだったから、って
事もあるので、なんともトホホですけど(笑)
先立つモノも乏しいので
もうこれ以上は保護してあげられそうにないしって
感じですー。
コメントありがとうございます
2014/07/22(火) 20:09:50 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Facebook

REAL MOON Phase

HAPPY labs

温かいお家を

いつでも里親募集中

ペットショップに行く前に 覗いて下さい。

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


copyright 2005-2007 犬バカ日誌 第2章 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法